GWの様子を見に

天気予報では雨が続きそうでしたが、本日は風は冷たいながらも、陽射しもありました。

ゴールデンウィークの砂川市内を回ってみました。やはりこのコロナ禍でいつもの連休ではないのが分かります。スイートロードのお菓子屋さんも例年の賑わいは見られません。

DSC_4439

少し賑わっていたのが日の出運動公園でした。市営野球場やサッカー場、上の写真は改修が済んだばかりのテニスコートですが、市内(?)の子ども達が運動する姿が見られました。

それならばと少し足を延ばして、上砂川町の新庁舎へ。こちらも5月6日から業務開始です。

DSC_4443

こちらも旧庁舎の後ろに建っていました。北門信金上砂川支店と隣り合わせです。砂川の「あそこ」もこうなると良いのですが・・・。

次は歌志内市の「大正館」へ。例年ですと5月の連休だけ開館する骨董好きの殿堂です。

DSC_4445

こちらも残念ながら「休館中」。ところがラッキーなことにオーナーの本城さんにお会いできて、このコロナ禍でなければ開催していた今年の「特別展」を見せていただき、お話しもできました。

今年の特別展は「なつかし富山の置き薬と関連品」の予定でした。

DSC_4447

DSC_4446

すっごいですネー!!

DSC_4450

本城さん所有の大正館の蔵は、昨年で建築されてから100年経ったそうです。今年は、その記念も含めて開催しようと考えられていたそうですが、この時期は無理と判断されました。

ただ、『連休中に連絡をいただけたら、お見せすることができるかもしれません』と話されていました。また、上の写真「昭和30年代の歌志内本町地区略図」は本城さんがコツコツと情報を収集し、作成したものです。

本城さんは『歌志内に興味をお持ちの方には差し上げます』と言われていました。