新庁舎の開庁式

本日は少々風は強いですが、良い天気になり、午前8時から新庁舎の「開庁式」が行なわれました。

DSC_4472

会場は正面玄関のエントランスホールです。本日の式次第は以下の通り。

DSC_4477

感謝状は寄贈者に対するもの、建設関係者に対するものでした。

DSC_4475

テープカットは手前から水島議長、善岡市長、小関庁舎建設検討審議会副会長です。

開庁式は30分ほどで終了。その後、議員全員で本会議場のインターネット中継の画面確認を行なっています。

DSC_4486 (2)

4階の議会棟でもテープカットです。

やはり、市役所庁舎には職員の働く姿がなければ。

DSC_4471

今日から新しい庁舎でのスタートです。上の写真は2階。ここには建築住宅課、土木課、農政課、商工労働観光課、教育委員会があります。

DSC_4491

開庁直後から市民の皆さんが来庁されていました。待合の椅子も座りやすそうで、とにかく明るい庁舎になったのがなりよりです。

職員の皆さんも明るく元気に頑張って行きましょう!!

 

連休最後の日

本日はゴールデンウィーク最終日の「子どもの日」です。砂川市の天候はイマイチで午後からは雨が降り出しました。

子どもの日の「道立子どもの国」に行ってみました。例年ですと、この日は手打ちそば愛好会もお店を出し、連休でも最も混み合う日です。

子どもの国の駐車場は車で溢れ、道路に駐車する人も出るほどです。私が2年前の子どもの日にFBにUPしたのが下の写真。

Screenmemo_2021-05-05-07-24-24 (2)

残念ながら砂川手打ちそば愛好会の出店は昨年に引き続き2年連続で中止となっていました。

今日の「子どもの国」、午後1時30分頃の様子は下の写真です。

DSC_4465

DSC_4464

この時点ではまだ雨は降っていません。とにもかくにも全ての原因は新型コロナ禍です。

北海道も同じですが、陽性者数はなかなか減りません。「政府は新型コロナウイルス対策として東京、大阪、京都、兵庫の4都府県に発令中の緊急事態宣言について、11日までの期限を延長する方向で調整に入った。」と報じられています。

まだまだ終息にはほど遠い感じがします。

さて、砂川市役所は明日(6日)から新庁舎で業務が開始されます。午前8時から「開庁式」が行なわれ、参加してきますので、また報告します。

 

滝川市のキャンプ場は増殖中

ぐずついた天気が続く連休なので、さすがにキャンプ場もすいているのではないかと思います。

先日、新十津川、滝川と回ってきました。滝川市では只今、人気沸騰中という「キャンプ場」を増やしていると聞いて偵察に行ってきました。

DSC_4425

新しく作っているのは滝川市の温泉施設「ふれあいの里」のすぐそば。ふれあいの里を運営しているのは「㈱北のたまゆら」のようでした。

DSC_4421

この掲示板を見ると、どうやらパークゴルフ場をキャンプ場にしたみたいです。私が行ったのが4月26日(月)でしたが、何組か利用していました。

道具を持たずにキャンプができる「手ぶらコーナー」もあったりして、盛んに工事が行われています。

DSC_4428 DSC_4427

池の前水上公園キャンプ場のトイレ新設工事って、確か財源は新型コロナ感染症対応地方創生臨時交付金じゃなかったかな・・・。

DSC_4417

ここはグランピングサイトを作っているところみたいです。グランピングって何?

『Glamping(グランピング)はグラマラス(魅惑的な)とキャンピングを掛け合わせた造語で、テント設営や食事の準備などの煩わしさから旅行者を解放した「良い所取りの自然体験」に与えられた名称。』だそうです。

キャンプと言えば、テントをたてて火を起こしてバーベキューってのが定番だと思っていたのに、ここまでいってるんですネ。

この滝川市のキャンプ場は温浴施設にも近いし、力も入れているしで砂川とは差がついています。

遊びの世界も流行り廃りが短い周期でやってくるので、これだけ差がついたら砂川は手を出しづらくなりましたかね・・・。

 

晴見町内会はお掃除の日

いつ雨が降ってもよさそうな曇りの日曜日。晴見町内会は午前8時から「町内会清掃」の日です。

DSC_44501

今シーズンは豪雪の砂川でしたので5月2日では公園の雪が解けていないのではと心配しながらお便りを書きました。

今朝は寒かったのですが、雨は降らず予定通り行われました。最近はどの町内会行事も参加者がめっきり少なくなっています。

しかし、本日は強い味方が来てくれました。町内の砂川希望学院の寮があって、町内会清掃に参加していただき大変ありがたいことです。

70歳以上の高齢者が80名も暮らす晴見町内会では貴重な人材です。

DSC_4452

晴見町内会の清掃は5月から11月までの第一日曜日に行います。上の写真は町内会にあるロータリーですが、毎年花を植えます。

ロータリーの花植えは6月の第一日曜日、清掃の日に合わせて行います。今日は2班に分かれて公園の草取りとロータリーの整備。

晴見公園は連休前に遊具のビニールシートも取り除かれ、晴れた日には車の親子づれも遊びに来てくれているので、砂場もスコップを入れてキレイにしました。

 

GWの様子を見に

天気予報では雨が続きそうでしたが、本日は風は冷たいながらも、陽射しもありました。

ゴールデンウィークの砂川市内を回ってみました。やはりこのコロナ禍でいつもの連休ではないのが分かります。スイートロードのお菓子屋さんも例年の賑わいは見られません。

DSC_4439

少し賑わっていたのが日の出運動公園でした。市営野球場やサッカー場、上の写真は改修が済んだばかりのテニスコートですが、市内(?)の子ども達が運動する姿が見られました。

それならばと少し足を延ばして、上砂川町の新庁舎へ。こちらも5月6日から業務開始です。

DSC_4443

こちらも旧庁舎の後ろに建っていました。北門信金上砂川支店と隣り合わせです。砂川の「あそこ」もこうなると良いのですが・・・。

次は歌志内市の「大正館」へ。例年ですと5月の連休だけ開館する骨董好きの殿堂です。

DSC_4445

こちらも残念ながら「休館中」。ところがラッキーなことにオーナーの本城さんにお会いできて、このコロナ禍でなければ開催していた今年の「特別展」を見せていただき、お話しもできました。

今年の特別展は「なつかし富山の置き薬と関連品」の予定でした。

DSC_4447

DSC_4446

すっごいですネー!!

DSC_4450

本城さん所有の大正館の蔵は、昨年で建築されてから100年経ったそうです。今年は、その記念も含めて開催しようと考えられていたそうですが、この時期は無理と判断されました。

ただ、『連休中に連絡をいただけたら、お見せすることができるかもしれません』と話されていました。また、上の写真「昭和30年代の歌志内本町地区略図」は本城さんがコツコツと情報を収集し、作成したものです。

本城さんは『歌志内に興味をお持ちの方には差し上げます』と言われていました。

 

新十津川町の新庁舎は

本日は朝から雨が降り続いています。砂川市役所は現庁舎での業務最終日です。砂川市も新十津川町の職員さんも引っ越し作業で大変なのではと思っています。

ここしばらくは聞きたいことがあっても引っ越しで落ち着かないだろうと電話も庁舎に行くのも遠慮気味。

さて、砂川市と同じ5月6日が新庁舎の開業日になっている新十津川町の新庁舎を4月26日に見に行ってきました。ところが、役場前に行っても新庁舎らしき建物がありません。

スマホで新十津川 新庁舎と検索しようとしたのですが、その前に歩いてみることにしました。

DSC_4430

DSC_4432

ありました!レンガ造りの新庁舎。何と、現庁舎の真裏に大きさも高さもほぼ同じぐらいなので、正面駐車場からは全く見えませんでした。

現庁舎が解体されたら突然現れるサプライズ付きですかね。

DSC_4431

外の窓から内部を覗かさていただきました。撮影は4月26日でしたので、砂川よりちよっと遅れ気味でしょうか。

新十津川新庁舎1

覗き見じゃ失礼なので、現庁舎解体後の新庁舎外観図と一階ロビーの内観(実施設計書より)です。

新十津川新庁舎2

新十津川町は空知管内で唯一人口が増加している隣の町ですから、どんな庁舎を建てたのか気になります。

あとは市(町)民サービスの勝負です。

 

砂川市立病院「病院祭」の中止のお知らせ

本日は曇りがちですが、暖かいです。一昨日、「砂川の桜の開花宣言」をしたばかりですが、本日は「満開宣言」です。

DSC_4435 (2)

IMG_2438

暖かさに誘われて、一気に咲いたようですネ。

〈市立病院「病院祭」の中止のお知らせ〉

毎年9月前後の日程で開催されていた「病院祭」。今度で10回目を迎えますが、昨年に引き続き今年も中止が決定しました。

私が知ったのは総務文教委員会の報告と、最近できた市立病院のFBからです。そのFBの動画がなかなか思い切ったものなのでお借りして紹介しちゃいます。

ーーーーー(市立病院のFBを引用します)

とっても悲しいお知らせです

未だコロナは収まらず、感染拡大しているなか

多くの人が接触するイベントを開催する社会情勢にないことから

第10回病院祭開催中止が決定

楽しみにしてた皆さんごめんなさい‍♀️

来年度の開催日程などは改めてお知らせするね

ーーーーー

その後の動画が次のようです。

Screenmemo_2021-04-26-12-46-18 (2)

Screenmemo_2021-04-26-12-46-07 (2)

Screenmemo_2021-04-26-12-46-27 (2)

演じているのは平林事業管理者と田口院長の両先生です。

この感性がある限り、砂川市立病院は大丈夫です。

 

空知管内初の義務教育学校

本日の砂川は良い天気に恵まれています。

空知管内で初めての義務教育学校(小中一貫学校)、歌志内市立「歌志内学園」を外側から写してきました。

DSC_4321

歌志内学園は歌志内市にあった小学校1校と中学校1校を閉校して小中一貫9年間の教育を行う義務教育学校が開校しました。

DSC_4323

歌志内学園は旧歌志内中学校の校舎を改修して施設一体型の義務教育学校です。

各学年、何人ぐらいの児童・生徒がいるのか知りたくて、学校要覧などもないかと検索しましたが、まだありません。

以前のプレス空知の記事によると、学園初の入学式では1年生5人と7年生(中1相当)13人とのこと。また、令和元年の児童・生徒数(下の写真)を見ると想像できました。

歌志内児童数

〈砂川市も義務教育学校を目指す方向性〉

砂川市は現在、「市立小中学校の適正規模・適正配置」を進めていて、最終的には義務教育学校を目指す「基本計画」が策定されています。スケジュールは以下の通り。

2853_0001

4月23日に開かれた総務文教委員会の報告でも今後、適正配置の推進について、学校統合に向けた準備委員会、小中一貫教育に向けた推進委員会を設置するとありました。

ここでも質疑をしていますが、砂川市の場合、歌志内学園とは児童・生徒の数が全然違います。砂川市の児童・生徒数の推移は以下の通り。

2851_0001

※年度は「令和」です。

砂川市の人口は減少すると言っても令和7年度で小学生494人、中学生280人の規模です。「義務教育学校」を目指すには、相当しっかりした議論を積み重ねていかなければなりません。

だいぶ長くなりましたが、今後の砂川市の義務教育のあり方の検討です。失敗は許されません。

 

砂川の「桜」開花宣言!

本日は良い天気で暖かい一日でした。

IMG_2433

蕾はまだ固いのですが、砂川市立病院高等看護学校の前のさくらが咲き始めました。

桜R3.4.27

私が勝手に砂川市の「桜」開花宣言を致します。連休には見頃を迎えそうです。

春の話題をもう一つ

DSC_4409 (2)

こちらは市内袋地の玉ねぎ畑です。玉ねぎの苗の定植作業が盛んにおこなわれています。苗が樺戸連山に向かって進んでいるよう。

 

ワクチン接種券が送られてきました

24日(土)、新型コロナウイルスワクチン接種券が送られてきました。65歳以上の皆さんには同じものが送られてきていると思いますが紹介します。

DSC_4393

封筒の窓の中は住所・氏名とコード番号が書かれていたので一応、加工しています。

DSC_4396 (2)

封筒の中は接種券を含めて4枚の書類が入っています。

まだ、ワクチンが揃っていませんので、次のハガキが届かないと予約もできません。しばらく動きはなしですネ。

ただ、65歳以上でも基礎疾患のある方は事前に「かかりつけ医」を受診される必要がありそうです。

砂川市ふれあいセンターと空知医師会の「安心して正しく新型コロナワクチン接種をうけるために」には以下のように書かれています。

2858_0001

総務文教委員会で市立病院に聞きますと、かかりつけ医が市立病院の医師の場合、電話等での問い合わせはダメで、受診をして確認しなければならないそうです。

また、裏面には副反応の詳しいデータが掲載されています。

2859_0001

これも総務文教委員会の質問で分かったことですが、砂川市立病院でのワクチン接種による副反応の結果も聞きました。

特に、2回目についてはアンケートが途中結果ですが、副反応の内「発熱」に関しては1回目が3.2%に対して、2回目は42%とのこと。

全国規模での医療従事者先行接種における副反応とほぼ同じ結果となっていました。

砂川市の場合では、医療従事者の2回目の接種も終了していない状況ですし、26日の週に1000回分(2回接種なので500人分)のワクチンが届くとのことですが、私達65歳以上の接種は、まだ先のような気がします。