オアシスパークの立ち入り禁止が一部解除

寒い日々が続いています。また、今朝はドカッと雪が積もり一日中雪が降っていました。さきほど、本日2回目の除雪作業を終了。

〈明日からオアシスパークの立ち入り禁止が一部解除〉

砂川観光協会の情報です。現在、工事中のオアシスパークは立ち入りが禁止されていました。その立ち入り禁止が一部解除になるようです。

ワカサギ釣り

上のイラストは観光協会のHPから借りました。これを見るとワカサギ釣りも一部、明日からできるようになりそうですが、なかなか難しい表現がされています。

氷の薄い箇所があるようで、「自己責任」が強調されていますので十分気を付けましょう。

また、詳しい内容については砂川観光協会のHP「ワカサギ釣り情報」に掲載されていますのでリンクします。

 

出産・子育て応援事業

1月26日の臨時議会で可決した「出産・子育て応援給付金」の詳しい内容が砂川市のHPに掲載されています。

この給付金は「出産応援給付金(妊婦一人当たり5万円)」と「子育て応援給付金(子ども一人当たり5万円)」です。

なお、他市町ではクーポン券の場合もありますが、砂川市は現金で給付します。

出産・子育て

上のイラストは砂川市のHPに掲載されていましたが分かりやすいので転載しました。

出産・子育て応援事業としては1,620万8千円の予算を可決しましたが、財源は国が2/3、北海道が1/6、そして砂川市は1/6です。

事業としては来年度にも繰り越されて実施されます。臨時議会でも質疑をしたのですが、令和4年度分と令和5年度の9月までの予算で中途半端の感じがします。

これは国の予算の関係で、令和4年度の第2次補正予算による措置で、9月以降については国の新年度予算に計上されると思います。

なお、詳細については市のHP「出産・子育て応援事業」にリンクします。

只今、国会では予算委員会の審議が行われ、私も時々ライブ中継やラジオで聞いていますが、異次元の少子化対策がどんなものなのかなかなか理解ができません。

今回の「出産・子育て応援給付金」にしても、無いよりは良いですが、これで少子化対策になるとは全然思えませんネ。

 

統一地方選挙

どうやら北海道知事選挙も選挙戦になりそうです。また、先日、北海道新聞の全道版に以下の記事が掲載されました。

新十津川市議会

お隣の新十津川町議会議員選挙のことです。現職10人中7人が不出馬との見出し。

なぜ、欠員が複数になると大変なのかです。

最近では、無投票が多くなっているうえ、立候補者数が定数未満しかいなかった事例も珍しくなくなっています。

ただ、公職選挙法では欠員が生じた場合にその欠員を補充する選挙を実施する条件が規定されています。それは以下の通り。

  • 定数の6分の1以上の欠員があった場合(この場合は50日以内に選挙を行う)
  • その自治体で知事選や市区町村長選といった別の選挙が行われる場合(同時に実施する)

新十津川町の複数の欠員が生じた場合、現在の議員定数は11人のため2人の欠員がでると50日以内に選挙を行わなければならなくなり、そこが新聞の全道版にも取り上げられる由縁です。

さて、砂川市の場合も今回は13人定数ですが一人は欠員となっていますので、現職12人の内5人の不出馬がほぼ確実になっています。7期議員を務めていますが、これほど多くの現職議員が辞められるのは初めてです。

今のところ新人6人の出馬が確実視されていますので定数ちょうどとなり、無投票の可能性が大きくなっています。

明日から2月になりますが、市議選に関する街の噂話もすっかり静かになっています。

 

出生数の減少

昨日、日曜日は朝から除雪機を使って2時間30分の除雪をしました。そして、今朝は放射冷却のため寒かったです。

DSC_7545 沖縄の桜

我が家の外の温度計でー22℃。この写真撮るのに手袋を脱いだのがしびれました。そして、右の写真は今朝届いた沖縄に住む友人のFB情報です。桜が満開だそうです。あー、早く春にならないかナァー。

〈プレス空知の記事から〉

空知地方の地域密着の新聞、「プレス空知」に20年前の出生数と今を比較した記事が掲載されました。記事中の表が下です。

出生数20年前と比較

プレス空知を発行している市町の表です。全体でも半分になっているのが分かります。砂川市の減少率は51.2%。20年前と比べると半分以下。

砂川市の場合、80人以上は何とかキープしたい。その理由は小中学校のクラス数に関係するからです。

道教委では下の表のように令和2年度から小学校の1クラス40人を35人に移行中です。

小学校道教委クラス人数

しかし、1クラス40人定員だと80人を超えていないと3クラスにできないギリギリの出生数ということになります。

砂川市はちょうどその境目です。

 

砂川駅前地区整備「実施設計」概要資料

本日は午後から吹雪いています。

1月24日に「社会経済委員会」が開催され、駅前地区整備「実施設計」の概要資料が配布されました。

私はいつものように音源データと委員会の報告資料を貰ってきましたので、今日は実施設計の概要を報告します。

DSC_7536

概要はA3版9ページです。

まずは施設全体の配置図

配置図1

変わったところは「思いやり駐車場」の位置と建物全体が129.35㎡広くなりました。そして、いわた書店側に「管理用通路」が設置。

次の平面図は建物だけが見られるように私が加工しています。

実施設計平面図

基本設計と比べ下側(駐車場側)の風除室の横にスロープが付きました。メインはフリースペースと多目的室なのは変わっていません。

次は広場です。

外構図

具体的な広場内のレイアウトが示されましたが、特に感想はありません。

続いて駐車場です。

駐車場

図面の左側がセイコーマートです。駐車台数は基本設計に比べ10台減って62台とのこと。通路を広くするためだそうです。

ただ、昨年の9月議会、私の一般質問に答えて、『13事業者の従業員や来客のため一部を月極駐車場にする』と言っていますので、さらに一般利用の駐車台数は少なくなります。

仮に大型バスが観光で来た場合、どこに停めるのでしょう。やっぱり真ん中でしょうか。

そして、最後は工程表と概算事業費です。

工程・概算事業費

基本設計の時に公表された事業費より総額で「1億5,400万円」増額になりました。詳細は細かいですが上の写真で見えると思いますのでご覧ください。

しかし、社会経済委員会の音声データを聞いていて気になったのが、『実施設計は2月末に完成するが、事業費の変更はある』ってこと。

このご時世でいくと、事業費が減ずることは無いと思いますので、これからいくら増額になるのか心配です。

この施設の目的は「賑わいと魅力を生むまちの居場所として、多くの市民や砂川を訪れる人々が交流、滞留する賑わいと親しみのある空間を創出し、まちの活気と賑わい、周辺地域への波及効果と中心市街地の活性化に寄与する施設を目指します。」

でしたよネ・・・。

 

砂川青年会議所「新年交礼会」

昨日、午後6時から一般社団法人 砂川青年会議所の新年交礼会に行きました。会場はパークホテルです。

DSC_7539

挨拶するのは第63代理事長の仲里浩さんです。いつも感心するのはかなり長い年頭の挨拶ですが、皆さんノー原稿で立派な挨拶です。どうやらノー原稿は砂川青年会議所の伝統のようです。

今年のスローガンは「感動~次世代のために~」。他市町では青年会議所の会員減が見られているようですが、砂川は40人の大勢で力を発揮してくれそう。

各来賓からの挨拶の後、懇親会になりました。実は、会場に入る前は飲食は控えてお弁当を持って帰るのかと思っていました。

しかし、久し振りに料理がテーブルに並びました。この事態にちょっと心配な思いは正直ありましたが、そこは若い力での判断だったのだと思います。

年代別死亡者

上のグラフは厚生労働省の新型コロナウイルス感染症の年代別死亡者数(累積)。圧倒的に高齢者が多いのが分かります。

私も70歳代の男性ですので・・・。でも、政府は春にも新型コロナウイルス感染症を5類にする方針ということなので、このような席も増えてくると思われます。

日常の感染対策をしっかり行って状況の変化を少しずつ受け入れますか。

 

臨時議会と道立高校初期出願状況

午前10時から臨時議会が開かれ、私と辻議員が質疑を行いました。歳出については以下の補正予算です。

  • 財政調整基金・・・5,088万8千円
  • 出産応援給付金・・・900万円
  • 子育て応援給付金・・・700万円
  • 一般貨物・一般乗用旅客自動車運送業経営支援給付金・・・908万4千円
  • 接待飲食業店舗等確保支援給付金・・・300万円
  • 除排雪に要する経費・・・1億2,000万円

臨時議会1月26日

質疑・答弁につきましては編集後の動画が市議会のHP「令和5年第1回臨時会1月26日」で見ることができますのでリンクします。なお、編集前の視聴回数は55回でした。

〈道立高校当初出願状況〉

昨日、道教委が公表した当初出願状況の「空知学区」が下の内容てす。

R5空知高校出願状況

※画像をクリックしますともう少し大きく見ることができます。

砂川高校は2クラス80人定員のところ66人が出願しました。昨年より増えています。

砂川近隣(空知北学区)の高校を見ますと、滝川高校の普通科だけが定員を16人オーバーしているだけで、あとは定員を満たしていません。

特に奈井江商業高校は40人定員のところ出願者は5人。さらに、これまでは人気で定員を毎年オーバーしていた衛生看護専科の美唄聖華高校も定員80人に対し53人となっていて、3年にも及ぶコロナ禍で看護職が避けられているのではと心配になります。

また、空知学区全体では募集人数2,200人に対し出願者数合計は1,627人で倍率は0.7でした。

少子化の影響がここにも出ているのでしょうか。

 

明日(26日)は臨時議会

本日もサラッと雪はねです。

明日(26日)は臨時議会が招集されています。午前10時から開会ですので、議運の委員である私は午前9時30分に正副議長室に集合。

DSC_7534

明日の臨時議会は9,740万4千円を追加する補正予算です。

歳出では

  • 財政調整基金・・・5,088万8千円
  • 出産応援給付金・・・900万円
  • 子育て応援給付金・・・700万円
  • 一般貨物・一般乗用旅客自動車運送業経営支援給付金・・・908万4千円
  • 接待飲食業店舗等確保支援給付金・・・300万円
  • 除排雪に要する経費・・・1億2,000万円

それぞれ提案説明がありますが、さらに詳しく聞く場合は本会議場での質疑になります。臨時議会の場合、「予算審査特別委員会」は基本的に開かれませんから本会議場での質疑・答弁になります。

もちろん、インターネット中継も行われますので、ネット環境のある方は自宅でもご覧いただけます。また、スマートフォンでも砂川市のHP→市議会→市議会インターネット中継→ライブ中継と進むと見ることができます。

総務文教委員会の報告

今朝も10cm弱の積雪をママさんダンプで除雪しました。最近は毎日この程度です。

昨日、行われた総務文教委員会の報告です。

〈総務部〉

★市職員の採用登録試験の再募集について、市のHPで令和5年度の市職員の最終合格者の公表が以前ありました。しかし、最終登録者の決定は以下の通り。

事務職(大卒)7名→5名、(高卒)5名→3名、土木職(高卒)2名→1名となり、求めていた人数に達せず再募集となりました。

合格しながら、砂川市役所に来なかった理由としては、都会の自治体も合格したので、そちらを選択したようですが、受験・合格したなら、是非、砂川市に入りたいと思われるような砂川市になってほしいです。

★令和4年度普通交付税について

普通交付税

普通交付税の総額は約47億8千万円と大きな金額になりました。

〈市立病院〉

★新型コロナウイルス感染症のクラスターについて、病院のHPにも掲載されています1月13日発生のクラスターですが、1月21日に収束し、現在は通常診療になっています。

★経営収支状況について、12月末現在で欠損金は約4億7,536万円です。前年同月と比較して約2.3億円減少していますが、他会計負担金を10億円前倒ししています。

経営状況の悪化は複数回のクラスター発生による影響が大きいとのこと。

〈教育委員会〉

★小学校新1年生の予定数については以下の表です。

新一年生予定数

100人を切ってからは減少が続いています。何とか少子化を止めないと。

★令和5年度の砂川中学校学級編成について、これまで委員会でも話してきましたが、せっかく統合して教育環境が良くなると思いきや、新3年生は120人で3学級のぎちぎちの状態が予想され、何とかならないの?

何とかなりました!新3年生は4学級でスタートするそうです。統合後で落ち着かない上、受験を控えた3年生。

ここは教育委員会が頑張りました。

 

シロが宿泊業に本格参入へ

本日は午前10時から総務文教委員会が行われました。午前中に終わりそうと思いきや、遅いお昼を食べて午後も少しかかりました。こちらの報告は後日ということで。

21日の道新の全道版に興味深い記事が掲載されていたので紹介します。

シロ宿泊業

砂川市内に新しい工場を建設中の化粧品製造販売のシロに関する内容です。

長沼に作る宿泊施設のことはもとより、砂川パークホテルの今後の情報がありました。

MAOIQマオイク マオイクアメニティー ICOR

記事によると、今井会長が感銘を受けた長沼町の宿泊施設が上左の写真。一泊2人で5万~7万の施設ですが、アメニティー(上右の写真は他社の製品)がしっかりしていてシロにピッタリって感じです。

シロが砂川パークホテルを買った時から、若い女性に人気のシロの製品を使った女性が好みそうなホテルにしてくれたら砂川に賑わいが出るのではないかと思っていました。

シロが砂川パークホテルをどのようにリニューアルするのか3月中に明らかになると記事にあります。

砂川駅と隣接する砂川パークホテルが変われば、駅前や街なかが変わる可能性が大きくなります。若い女性が集まれば、男性も集まる。

勝手に期待を膨らませています。