新型コロナワクチンの接種状況

一体どうなっているのでしょう。今日もとても暑い砂川です。

道新に新型コロナウイルスワクチンの接種状況が掲載されていました。下はその記事の表ですが、人口が道内上位12市を対象に65歳以上の接種状況を調べたものです。

2897_0001

ちなみに砂川市の場合、65歳以上の高齢者への接種率は85%と報告されています。

上の表を見ると一回目の接種率は各市とも85%前後になっているのに、7月末に完了としている所でも相当低い数字になっている理由が記事を読んでもよく分かりませんでした。

2回目の接種が50%代の札幌市は「接種能力に見合う供給がなかった」と答えているようです。

全国的に見ると、政府は8月1日現在で2回目接種完了が75.8%と発表していると別の記事にあります。

砂川市はワクチン接種に関しては順調に進んでいると考えてよさそうです。

ただ、砂川市の場合でも、今後の若い世代への接種率については心配があります。7月27日の社会経済委員会の報告によりますと27日現在で通知を出した方の内、予約が50%ぐらいにとどまっているようで、高齢者の場合とは少し違う動きがでているようで、対応が必要かもしれません。

ワクチン接種は強制ではなく個人の判断が原則です。私も2回目の接種時に発熱など副反応が出ました。副反応は若い世代に多く出るとも言われていて接種を迷う方々も多いのではないかと思われます。

北海道の感染者数も上昇し続けています。まずはマスク、手洗い、三密を避けるなど、感染症に対する基本的な行動を改めて実行することですかネ。

 

北海道におけるまん延防止等重点措置

本日は朝からどんよりとした曇り空。午後3時過ぎには雨が降り出しました。

また、コロナ禍の中で「北海道におけるまん延防止等重点措置」が発令されました。

もう緊急事態、まん防も何回にもなるので、飲食店の皆さんも『今回の砂川はどうなるの?』と困り顔です。

今回の「まん延防止等重点措置」の措置地域は「札幌市」だけですので砂川の場合は「その他の市町村」になります。

北海道のHPには

まんぼう

また、砂川市のHPには「その他の市町村」に対する注意事項が掲載されています。のでリンクします。「【重要】新型コロナウイルス感染症 北海道におけるまん延防止等重点措置について」です。

〈市町村別の感染者数〉

毎週、月曜日に公表される1週間累計による市町村別患者の状況が下の表です。

砂川感染者

砂川市も前々々週(7月17日からの週)が1名、前々週は2名と続いていましたが、前週は0人でした。

このまま落ち着いてくれることを望みます。

 

「ふるさと納税」に関する現況調査結果の概要

相変わらず砂川は猛暑です。北海道に来て44年が経ちますが、ここまで暑い日が続くのは初めてではないでしょうか。

総務省は7月30日に「ふるさと納税に関する現況調査結果の概要」を公表しました。令和2年度分の「ふるさと納税」の状況調査です。

令和2年度の全国での「ふるさと納税の受入額」の総計は約6,725億円だそうで、受入れ件数も約3,489万件になるそうです。

砂川市の令和2年度のふるさと納税額は約4億9千万円(令和3年3月議会の補正予算による)でしたが、全国規模での実績額の上位自治体は下の表です。

ふるさと納税

上位2番、3番、4番は北海道の市町です。単位は百万円ですから第2位の紋別市は133億9,300万円で砂川市の令和3年度一般会計の総額とほぼ同じという恐ろしい数字です。

どんな物が人気の返礼品なのか調べてみると、皆さんご推察の通りで、紋別、根室、白糠は海産物です。

いくら、ホタテ、カニ、ウニ、サケが各市町人気のベスト3。

総務省の資料にはふるさと納税をする人がどこに多いかも掲載されいますが、やはり道外の大都会の人が多く、東京の住民税控除額は「1,079億1,500万円」にもなります。小池知事も大きな声を出したくなる訳です。

先ほどの表に戻っていただいて第20位の弟子屈町は39億7,100万円のふるさと納税を受けていますが、弟子屈町と言えば、摩周湖があったりで海産物が採れなさそうです。

そこで、弟子屈町のHP覗いてみると、何と!返礼品の人気ナンバー3が下の写真。

弟子屈ふるさと納税

あれれ・・・。海産物ですネー。

 

砂川市立病院の広報紙「ひまわり」

今日の砂川は最高気温30.2℃。朝は霧雨が降っていました。少々蒸し暑いですが、これまでが暑すぎたためかちょっと楽です。

本日は砂川市立病院の無料で配布される広報紙「ひまわり」2021夏号を紹介します。

発行される度に町内会長宛てに送られてきます。今回の特集が面白かったです。

題して「数字で見る砂川市立病院」。こういうの好きなんです。

2892_0001

砂川市にはこの様な大病院があります。人口16,292人の街にしては大きな病院です。職員が千人以上もいて、令和3年度の当初予算の病院事業収益は135億6千万円。そして、令和3年3月31日段階では15億3,892万円の貯金がある公立病院です。

折角、紹介した「数字で見る砂川市立病院」の写真が小さくて見づらいので市立病院の「広報誌 ひまわり」にリンクしますのでご覧ください。

 

社会人野球とダートラ

今日も暑いのですが、曇り空。その分蒸し暑さがあります。砂川市の最高気温は32.5℃。これは異常だ!

本日は8月1日。8月の第1日曜日です。ですから晴見町内会では町内会清掃が行われました。

DSC_5018

朝から暑くて、この人数です。他にロータリー花壇の草取りの方々もいますが、今朝も草刈り機でインターロッキングの目地の草を刈ってもらって大助かりでした。いつまで続けられるだろう・・・

〈社会人野球が市営野球場で行われました〉

昨日と今日、市営野球場で迫力ある試合が行われました。

2895_0001  社会人野球

私は曇っている間に行ってこようと、JR北海道硬式野球クラブと北海道ガスの試合を見ました。

DSC_5020

駐車場はチームの専用大型バスなどかなりの台数が停まっています。

DSC_5023

試合は北海道ガスが14対3のコールド勝ちだったのですが、さすがに社会人野球は迫力が違います。

体も大きいし、ピッチャーの球もバットスイングも速さが違います。守備もしっかりしていて見ていても面白かった。途中で帰ろうと思って行ったのですが、試合の最後まで見ちゃいました。

DSC_5024

野球場の設備が中途半端なのでどうしようもないのですが、次の試合の選手たちが荷物を置いたり、マッサージを受けたり、体を動かしたり。本当は「ここ」じゃないですよネ。

さて、今回の社会人野球では2日間の試合なので、遠くの選手や大会関係者は市内に宿泊してくれたそうです。

また、両日のお弁当は市内の業者さんに発注してくれたそうで、経済効果ありでした。

〈全日本ダートトライアル選手権〉

こちらも、昨日、今日と全国規模の大会で、全国各地から車と共に砂川に。

IMG_2592

こちらも凄く賑わっている感じでした。

IMG_2599

土煙を上げてかなりのスビートで駆け抜けるダートトライアルは迫力があります。

野球は全道規模、ダートラは全国規模。もちろん両方ともコロナ対策は万全だと思いますが、この時期に『大丈夫かな・・・』とは思います。

報道では、本日も北海道は266人の感染者が出ているようです。しかし、緊急事態宣言下の東京では全世界規模のオリンピックもやっているし、『北海道は「まん延防止措置」適用を受け、札幌市の飲食店での「酒類の提供の自粛要請」や外出自粛、札幌との不要不急の往来自粛などの対策を決定しました。』と言っているけど。

期間は明日(8月2日)から8月31日までなので、ぎりぎりセーフか。

 

久し振りのイベント

今日も暑い、暑い! 下は14:30現在の砂川地区広域消防組合の「気象観測データ」の一部です。

暑い

最高気温35℃!!風もなくカーっと暑いです。市内2ヵ所で行われたイベントの紹介。

〈三谷果樹園サマーマーケット〉

DSC_5010 (2)

お花、野菜、手づくり品などなど、久し振りのイベントが三谷果樹園のブルーベーリー狩りを兼ねて開かれました。

DSC_5013 (2)

三谷果樹園には滝川市の旧畜産試験場の建物を移築した立派な施設があって、この暑い中での野外イベントでも絶好の日陰で行われます。

私は、骨董品のかき氷機を使った天然氷のイチゴ練乳掛けをいただきました。天然氷だから頭にキーンと来なかった。

〈砂川ハイウェイオアシス館 30周年 感謝祭〉

砂川ハイウェイオアシス館で感謝祭が今日、明日行われています。

DSC_5016 (2)

明日は「はぼろ甘えびまつり」が午前10時から同時開催。

DSC_5014

夏休みの土曜日でもあって、館内はお祭りの雰囲気でした。

DSC_5017 (2)

買い物や食事を合わせて2000円毎に1回抽選ができます。当たりました、50円の買い物券。

さすがに中央バス系列の砂川ハイウェイオアシス館です。滝川方面、砂川方面は無料送迎バスが出ています。

(8月、9月、10月の毎週水曜日も無料送迎バスの運行)

2894_0001

砂川ハイウェイオアシス館では無料送迎バスの運行を8月、9月、10月の毎週「水曜日」に行うそうです。足の不自由な方や車の無い方には便利なサービスです。

砂川ハイウェイオアシス館のHPを確認すると連休時にも運行するようで「無料送迎バスのご案内」をご覧ください。

砂川ハイウェイオアシス館の「そらいちマーケット」には空知の旬の野菜がたくさん揃っています。水曜日はハイウェイオアシス館、木曜日は新すながわ農協のスーパー「AiAi」の無料送迎バスが運行されることになります。

 

友人から本が送られてきました

昨日、原稿を書いてUPするのを忘れていました。

今日も砂川は暑いです。最近は会った方々とお話しするたびに『本当に暑いけど、砂川の夏は毎年、こんな風になっちゃうのかネー』と心配しています。

先日、1969年新宿駅西口のフォークゲリラの頃の友人から厚い本が送られてきました。

DSC_4930 (2)

本の作者は「大木茂さん」。私と同じ昭和22年生まれのプロの写真家です。以前から鉄道の写真を撮っていて写真集も送ってもらっていました。(大木さんに撮ってもらった私の写真、ちゃっかり私のFBに使っています。もちろん使用許可済み)

その彼が72歳でユーラシア大陸を列車を乗り継ぎながら一人で旅をしてきたそうです。送られてきた本は日記風に得意な写真もふんだんに使って書かれています。

本の帯にあの「吉永小百合さん」のコメントが!

中にも下のような手紙が添えられています。

DSC_4931 (2)

あのパイロットの万年筆で書いたんでしょうか。

以前から話は聞いていたのですが、大木さんは吉永小百合さんの映画のスチール撮影のほとんどを引き受けていたらしいのです。

大木さんの今回の「ひとり旅」は通訳もガイドも伴わずでシベリアの果てからシルクロードを抜けてポルトガルまでの78日間。

DSC_5008

夜行寝台、ローカル列車を乗り継いで2万2千キロの旅だそうで、凄いです。小さくて見えませんが、彼のたどったルートは一番下の青い線。

私には、とてもとても真似など出来ませんが、本読みながら、写真を見ながら、ユーラシアを旅した気分は味わえました。

皆さんも機会があったら、是非、お読みください。

「ぶらりユーラシア」 大木茂著 現代書館 定価3600円+税です。

 

社会経済委員会の報告

雨が降りました!

通り雨っぽく2回、それぞれ10分ほどで止みましたが、その後、15:30頃からは本格的に強い雨。3週間ぶりの雨だっので思わず写真を撮りました。

FBでお友達の農家の皆さんは『雨、来た!!』と喜ばれています。

DSC_5005

【社会経済委員会の報告】

7月27日に開催された「社会経済委員会」ですが、私は委員ではありませんので、情報が入りません。そこで、音声データを聞いて私が報告したいところを報告します。

〈市民部〉

★予約型乗合タクシーの利用状況について

予約型乗合タクシー

上の写真(市のHPより借用)は砂川市の「予約型乗合タクシー」です。内容についてはリンクします。

委員会ごとに利用状況が報告されますが、令和3年の4~6月は前年同期と比較すると合計で461人の増。

要因としては、昨年のコロナ流行期と外出に対する考え方に変化があるのではないか。また、「コロナワクチン」の集団接種会場のふれあいセンターへの利用が増えているのではないかとの答弁です。

〈保健福祉部〉

★新型コロナウイルス感染症のワクチン接種について、6月下旬から7月上旬にかけて12歳~64歳までの接種券の郵送は終わっています。

砂川市民全体の約42%の人が7月末までに2回目の接種を終える見込みで、65歳以上の高齢者の接種済み最終見込みは85%と報告がありました。

〈経済部〉

★新型コロナウイルス感染症に係る経済施策の進捗状況については下の表です。

2890_0001

特に表の一番下の「経営持続化支援給付金」については一部改正され、申請期限も11月30日まで延長されます。市のHPにリンクしました。

(改正前)

「令和2年分確定申告書」に記載された事業収入額(国・道・市からの各種給付金を含めます)が「令和元年分確定申告書」に記載された事業収入額と比べて、30%以上減少している中小企業者に

①30%以上50%未満 30万円 ②50%以上 50万円

(改正後)

条件は同じで

①10%以上30%未満 20万円 ②30%以上50%未満 40万円 ③50%以上 60万円

※改正前に申請済みの事業所については、差額分の10万円を給付しますので申請してくださいと市のHPに書かれています。

これにて7月の「社会経済委員会」の報告を終了します。

 

総務文教委員会の報告 その2

今日も暑いです。市役所前の温度計は35℃を超えていたそうです。しかし、新庁舎の中はエアコンが効いていて快適でした。

DSC_4996

昨日(27日)開催された「社会経済委員会」の音源データを聞きに市役所に行って来ました。上の写真はちょっと机の上がゴチャゴチャですが、議会のパソコン室。

この部屋は室温調整ができますので、私は27℃に設定して2時間ほど情報収集です。社会経済委員会の報告は後日に。

【今日は総務文教委員会の報告 その2】

26日に開催された総務文教委員会は午後3時ごろまでかかって、午後からは教育委員会の報告に対する質疑と総体の質疑が行われました。

〈教育委員会〉

★砂川市立小中学校適正配置について、6月22日の教育委員会会議で学校の統合時期が1年前倒しになることと、小中一貫教育については義務教育学校とすると公表されました。

この点に質疑が集中しました。私達、総務文教委員には報道発表の前、自宅にその旨の報告はありましたが、唐突の決定の感は拭えずです。

何か事を急ぎ過ぎているように思えて仕方がないのです。

「第2回 統合準備委員会」の報告もありましたし、私のHPで皆さんにお知らせしていますが、7月16日締め切りで現在の小学5年、6年、中学1年生の児童・生徒、保護者にアンケート調査を実施しました。

その点について、次回8月の委員会で、アンケート調査の詳しい報告書の提出を要望し、了承されています。

26日の委員会でも一部が報告されています。児童生徒337名、保護者を対象としていますが、回答率は児童・生徒で70%。保護者からは90%の回答が寄せられたそうです。

特に中学校の統合では、時期が1年前倒しになったことで、心配が増幅していると思います。

★北光小学校水泳プールの廃止について、以前、現地を取材してHPにもUPしましたが、北光小学校のプールが積雪のため(?)今年の3月に倒壊しました。

それに伴う「廃止」ですが、小学校のプールは屋根がなく、冬期間は骨組みだけが立っている状態で倒壊しました。

同じ構造の学校プールはありますので、原因のしっかりした究明が重要だと思います。また、同じ事故が起こらないよう、監視体制もしっかり行ってほしいと話しました。

★令和3年度 第2回公立高等学校配置計画地域別検討協議会について、これは道教委が主催する会議で、砂川市においては砂川高校の間口がどうなるかの会議です。

ここ3年間、砂川高校は3間口を確保できずに来ました。学校の規模を守り、単位制を維持するためには教員の確保が必要で、そのためには3間口の確保が重要です。

教育長の覚悟を聞きました。教育長は8月に入ったら道教委の教育長に直接会って強い要請を行いたいと話しました。

★学校給食の異物混入について、給食の際、一人の子のスープの食器に原型をとどめたクモが入っていたそうです。

給食センターは原因究明のため、スープが高温の場合、料理中の献立具材に混入したのか、スープが冷めた状態を想定した検証を行いましたが、特定はできていないようです。

この異物混入はスープをお代わりした際に発見され、食材を保管する食缶のフタが15~20分開いていたとのことでもあり、教室で混入した事も考えられますが、今後は細心の注意が必要です。

(私の総体の質疑)

ちょっと長めの総体の質疑は「義務教育学校」について行いました。

市教委は「義務教育学校」を決定しました。小中学校の統合については理解が進んでいると思いますが、「義務教育学校」がどんな学校なのか、まだまだ理解は不十分だと感じています。

義務教育学校は現在ある5つの小学校、2つの小学校が一つになり、小学校、中学校の枠も外され、校長は一人になります。

つまり、小学1年生から大人並みの体型になった中学3年生までが一つの学校に通学することになるのです。

砂川市の場合、令和8年度が義務教育学校の開校になる予定ですが、令和7年度の予測生徒数は今の形の小学生498人、中学生274人と大きな学校になります。

私の質疑の主なものは、これまで市教委が小中一貫教育への取組をほとんど行ってきていないことです。

また、今の市内小学校は各学年1クラスで先生の目の行き届く1クラスの人数です。ここから一気に大規模学校に移った時、戸惑い、馴染めない子ども達も増えると予想されます。

現在でも学校に行けない子ども達はいます。市教委は議会での一般質問に答え、現状を把握しつつ「適応指導教室」を設置すると何年か前に答えていますが、未だに設置の動きも見えないです。

私が見る限り、ほとんど「小中一貫教育」への研究、実践、実績も無い状態で、一気に「義務教育学校」は危なさを感じます。

(もし、学校が荒れたら)

これまでも何回か市内の中学校で「荒れた時期」がありました。これまでは中学生への影響でとどまっていましたが、仮にそんなことが起こったら学校に行ったばかりの小学1年生まで影響を受けてしまいます。

また、本来であれば義務教育学校の先生は小、中学校で教えられる教員免許を持っていなければなりません。(今は特例がありますが・・・)

令和8年開校時までに「優秀な先生」を集められることができるのでしようか。

これだけではありません。入学式、卒業式、運動会、800人近い子ども達や保護者が一堂に会せる体育館、グランドなどなど。私には心配がたくさんあります。

市教委は「義務教育学校」を決めました。そうであるならば、不登校、落ちこぼれ(良い言葉ではありません)、荒れる学校などなど心配な場面を検証し、対策を講じる姿勢を示し、素晴らしい「砂川学園」(なぜか義務教育学校は学園と付くところが多い)になるよう準備をするのが「義務教育学校」に決めた市教委の責務ではないかと話しました。

長い報告になりました。

 

総務文教委員会の報告

今日も砂川は暑いです。毎日毎日同じように書いていますが、FB情報によりますと砂川では7月7日以来、雨が降っていないという事みたいで、もう3週間雨が降っていないようです。

DSC_4993 (2)

日陰の温度計でももうすぐ35℃。

それでは、昨日(26日)開催された「総務文教委員会」の報告をします。

〈総務部〉

★土木技術職員の採用試験の実施について、なかなか土木技術職員を採用したくても応募がないらしく、8月29日の実施で募集をするとのこと。

これまでも大学や高等専門学校など声掛けは行っているようですが、応募に至らない状況。私は、即戦力になる「社会人枠」を設けたらと話しましたが、ここは絶対がつくほど「やりたくない」ようです。

(私の総体の質疑)

DSC_4528

写真は市役所庁舎正面玄関を入ったところですが、まだまだ、間違えて真っすぐ進もうとする方々が見受けられます。写真では分かりませんが、正面がはっきりと見えますので、進もうとされるのだと思います。

担当課では、今できる範囲での何かいいアイデアを思い付いたようなので、今度、役所行くのが楽しみです。

〈市立病院〉

★経営収支状況について、6月末現在で欠損金約2億4,600万円ほど出ていますが、昨年同期より若干少ないです。6月末はボーナス時期なので給与費が増加します。

★入院・外来患者数について、6月末現在で入院は343.6人/日で昨年同期より25人/日多く、外来患者については930.3人/日で昨年同期比50.8人/日多くなっています。

コロナの影響を受けてなかった令和元年同月と比較すると46人/日少なく、外来患者では152人/日少ないです。

診療日数は入院で365日、外来は243日ですから1年トータルにすると、まだまだコロナの影響は大きいのが分かります。

(私の総体の質疑)

5月の総務文教委員会で同じ質疑をしています。市立病院の障がい者専用駐車場に障がい者マークや証明書などを掲示していない車両が多く停まっていて、障がい者の車が置かれないとのことです。

DSC_4673_LI

担当課では上の写真のように大きな赤い看板を設置して対応を図ってくれました。

気になるので、何回か見に行ったりしていましたが、やはりモラルに訴えるだけでは決まりを守ってくれない人が多いようでした。

そこで、もう一度質疑をしたのですが、次の対応として、以前は行っていた「人を立てる」対策を行うとの答弁がありました。職員が立てば仕事が出来ません。警備員さんを頼めばお金が掛かります。

私は、どこに行っても、どんなに混んでいても障がい者マークの付いている駐車スペースに車は停めません。

お願いです!

市立病院には立体駐車場もあり無料で車を置くことができます。駐車台数も十分あります。最低限のモラルは守って頂きたいのです。

外も暑く、私も熱くなってきましたので、教育委員会は明日の更新とします。