水道企業団とエネクリーンの議会

本日も雪が降っています。今日は滝川市議会の本会議場に行ってきました。

午前11時から「中・北空知廃棄物処理広域連合(エネクリーン)」、午後2時30分から「中空知広域水道企業団」の議会が開催されました。

両議会とも主な議題は「令和3年度予算」の審議でした。私はあまりに時間が離れていたので、一度自宅に帰りました。

冬の北海道を紹介します。

DSC_4152

午前11時前に滝川市役所庁舎10階から砂川方面を見ています。吹雪です。

DSC_4155

午後2時ごろに同じ方向を見ていますが、すっきり晴れています。滝川市役所は眺めが良いです。

DSC_4154

もう一つ、滝川市議会の本会議場のコロナ対策。議席の横にパーテーションが置かれていました。また、滝川の議員さんのお話ですと、滝川市議会は3月議会の予算審査特別委員会を庁舎内のリモートで行うとか。

〈中・北空知廃棄物処理広域連合の議会〉

5市9町の燃やせるゴミの焼却施設が歌志内市にありますが「愛称 エネクリーン」と呼びます。

ここの予算はほとんどが5市9町の負担金で運営されています。各市町の負担金は以下の通り。

エネクリーン

令和3年度の予算総額は7億3、746万4千円で、全会一致で可決されました。

〈中空知広域水道企業団〉

水道

こちらは滝川市、砂川市、歌志内市、奈井江町の広域水道事業を行っている企業団です。

令和3年度は建設改良費に16億円(企業団の中央監視装置更新などがメイン)の投入ですがキャッシュフロー的には現金残高約17億6千万円と経営は心配なさそうです。

ほとんどの一部事務組合、企業団、広域連合の議会では議員からの質疑がありませんが、私は時間がないため短めの質疑をするようにしています。

そのお勤めも今日が今期最終。私は砂川市議会の社会経済委員長の立場で両方の議会の議員なので後半は変わります。

ご苦労様でした。

 

社会経済委員会の報告

22日に開催された「社会経済委員会」の報告をします。それにしても、よく雪が降り続きます。

〈市民部〉

★中央バス歌志内線及び滝芦線の状況について、滝川市から砂川市、上砂川町、歌志内市を経由して赤平市を結ぶ歌志内線。芦別市から赤平市、滝川市を経由して一部の便が砂川市まで結ぶ滝芦線の乗車人員が著しく減少して運行収支も悪化しているそうです。

北海道中央バスは沿線市町に助成金の要請をおこなったようですが、現在のところ、利用者の少ない日中便の減便を含めて、夏季ダイヤへの改正の方向で検討しているとのこと。

★使用済み小型電子機器回収ボックスの廃止について、市役所1階にある回収ボックスは3月末までで撤去します。今後は、小型電子機器については燃やせないごみとして排出するか、「くるくる」への自己搬入になります。

DSC_4149

〈保健福祉部〉

★さくら保育園でノロウイルスの感染発生について、2月12日までに症状がみられた児童は90人中56人、職員では1人でしたが、いずれも回復もしくは快方に向かっていて、重症化したケースは生じていないとのこと。

★新型コロナウイルスワクチンについて、3月上旬とされていたワクチン接種券など案内を発送する時期についても国の指示を待っている状況だそうです。

質疑に答えて、ふれあいセンターの冷凍庫の設置は3月中に1台、5月中に1台。すでに「ふれあいセンター」では接種に向けたシュミレーションが行われているそうですが、全てが国の指示待ち状態のようです。

〈建設部〉

★降雪量と積雪量について、2月15日現在の降雪量は430cmで、積雪量は128cmとなっています。降雪量については、雪が非常に少なかったと感じられる昨シーズンより少なめです。

しかし、積雪量については昨シーズンが最大で41cmだったのが、今シーズンは同じく最大で128cmになっています。

雪が解ける間もなく降り続く状況が、そうさせているのかもしれません。

★建築確認申請の受付状況について、1月末現在で専用住宅の新築件数は15件で、前年同月と比較して12件の減となっています。

〈経済部〉

新型コロナ

経済部の報告は上の1件のみでしたが、新北海道スタイル実践支援金の申請件数が大きく増加しています。

今回の「社会経済委員会の報告」は終わりです。明日は午前11時から「中・北空知廃棄物処理広域連合」、午後2時30分から「中空知広域水道企業団」の議会が開催されます。

両議会とも滝川市議会の本会議場で行われるのですが、ちょっと開催時間が空いているので、どうしようか思案中。

 

いきいき体操サポーター研修会

昨晩は夜に岩見沢を車で通過しましたが、まさに、ホワイトアウトに遭遇してしまい必死で帰ってきました。JR函館本線の列車が雪のため線路上で停車せざるを得ないような吹雪きだったらしく、無事帰宅できてホッとしました。

本日は午後1時30分から砂川市ふれあいセンターで「いきいき体操サポーター研修会」に参加してきました。

東コミセンで行っている運動サロン「ニコニコ広場」の代表で行きました。

DSC_4146

コロナ禍で体操の機会が減少したことにより体力・筋力が落ちてしまう可能性があるため、今年度、継続していきいき体操を行っている老人クラブ・サロンで体力測定を実施した、その結果をもとに研修会が開かれました。

講師は砂川市立病院リハビリ科の小野寺、水上両先生です。

体力測定の期間は令和2年10月から12月に市内9ヵ所で行われました。参加人数は100名(男性30名、女性70名)。年齢は50代1名、60代5名、70代38名、80代44名、90代12名だったそうです。

結果として、男性、女性とも立ち座り片足立ちが低下している人が多かったそうで、女性は握力も低下している人が3割いたそうです。

身体

講演の資料から気を付けなくちゃと思ったのが上の「介護を受けるきっかけとなる身体症状」です。『しっかり運動をしなくては』との思いは私にも十分あるのですが・・・。

講演後、グループに分かれていろいろなお話をしました。

私のグループの皆さんは「老人クラブで週2回集まっているが、毎回ラジオ体操から始めている」とか「週1回DVDを使っていきいき体操を行っている」と頑張っている方々が多くて、凄いです。

しかし、どこの会やグループも「新しい人たちが入ってこないのが悩み」は共通しています。

砂川市全体の悩みです。

 

定住促進事業

2月17日付けのプレス空知に下記の記事が掲載されていました。

新十津川定住促進

新十津川町は空知総合振興局管内で唯一人口が増加している自治体です。

砂川市の定住政策も結構しっかりしているので比較をしてみようと新十津川町のHPのトップを見ると

新十津川定住1

これでした。目立ちます。

それでも比較してみましょう。新十津川町の場合は新聞記事からです。

転入者

まずは市(町)外からの転入者が家を建てた場合。次は中古住宅の購入です。

中古住宅

砂川も頑張っているではないですかと思われますが、一番の違いは砂川市の「最大」の意味です。砂川市の場合、新築工事費と中古住宅購入費に対する補助金は補助率があって条件により5%~2%の金額になる「最大(上限額)」で、金額的には分かりづらいです。

次は定住する家族に子どもがいる場合。

定住

そして、一番違うのは全体的な子育て支援策の「子ども医療費」の点でしょうか。

新十津川町は「高校生まで無料」。砂川市の場合は「医療費無料は未就学児と非課税世帯の小学生」まで。最近、頑張って課税世帯の小学生も入院・外来とも自己負担が「1割」になりました。

新十津川定住

上の写真は記事中にあった実績件数ですが、今度、砂川市でも作ってもらおうと思います。

砂川市でも何とか人口の減少に歯止めをかけたいです。そのためにはやはり思い切った政策が必要だと思います。

近隣市町からの人口の奪い合いと言われますが、やはり人の流れがあってお金の流れも生まれるのだと思いますので、特急も停まるし、国道12号線もあるし、高速道路のスマートインターもあるしの利便性を活かせるはずですよネ。

落雪に注意!

本日は午前10時から「社会経済委員会」が開催されました。実質的には私が委員長として議事進行する最後の委員会です。

実質的な意味は、もしも緊急的に委員会を招集する必要が生じるかもしれないからです。そうで無ければ、次回4月の委員会は新委員長のもとで開かれます。

2月の委員会は3月議会の提出予定案件(当初予算も含む)の簡単な説明もありますので、理事者の報告が長くなります。

その社会経済委員会の報告は今後、順次行っていきます。

〈落雪に注意です。〉

DSC_4144

今年は雪が多いうえに先日、雨もけっこう降って屋根に積もっている雪の重さが増していますので非常に危険な状況です。

上の写真は情報を得て、昨日の午後4時ごろに撮ったものです。大きな建物ですが、建築後かなりの年数が経っているらしく、雪の重みに耐えられず壊れています。

道路を塞ぐような状態ではなかったですし、隣家への影響もないように見えますが、大きな被害です。

陽射しもだいぶ強くなり、春の気配を感じられる今日この頃ですが、「屋根の落雪には注意です。」

砂川市のHPにも以下のような注意が掲載されていました。

〇 道路に落ちるおそれのある屋根雪は取り除く

〇 所有する空き家や倉庫の屋根雪に注意する

〇 道路に落ちた屋根雪は速やかに取り除く

〇 道路への雪出しは絶対にやめる

お互いに気を付けましょう。

 

「市民の声だより Vol 10」を発行しました。

本日の朝刊に「市民の声だより Vol 10」を市内、新聞各紙に折込みしました。ご覧いただけたでしょうか。

毎年2月に作成して新聞折込みしています。なお、プレス空知にも24日付けに折り込む予定。

市民の声だより(R3年)1面  市民の声だより(R3年)2面

B4版両面印刷です。上の写真をいくら大きくしても読みづらいと思いますのでpdfをリンクします。

 


「一面」は令和2年3月議会から12月議会で私が行った一般質問を掲載しました。こうやってまとめてみると、砂川市議会独自のルール。自分が所属する常任委員会の所管事項は質問が出来ない。がよく分かります。

私は社会経済委員会に所属していますので、できる質問は総務部、市立病院、教育委員会の所管に関することのみになります。

そして、「二面」は只今、パブリックコメントを募集中の「砂川駅前地区整備基本計画(案)」について特集しました。

今後の市内中心市街地活性化のためには必要な事業だと思いますが、建物を建てる前にいろいろな議論が必要だと思い掲載しました。

読後の感想などいただけたら幸いです。

 

ニッポンはIC後進国なの?

本日の砂川は雨が降っています。

17日の国会中継「衆議院予算委員会」をテレビ傍聴していて不安になった。

cocoa cocoa1

 

厚労省が3日、新型コロナの感染者と濃厚接触した可能性を通知するスマートフォン向けアプリ「COCOA(ココア)」のAndroid版が2020年9月下旬から接触があっても通知を出さない状態だったと発表した件に対する質問だったのですが、総理大臣も厚労大臣も「お詫び」をしていました。

そもそも「COCOA(ココア)」は、陽性になった人がアプリに登録、スマートフォンの近接通信機能(ブルートゥース)を利用してその人と1m以内で15分以上接近した人を探し出し、通知する仕組みだが、この4か月間、Androidのユーザーがアプリをインストールしたところで、何の役にも立っていなかった。ということです。

この「COCOA」に対する費用は3億9千万円だそうです。

その関連で質問されたのが以下のアプリの件でした。

DSC_4115

東京五輪・パラリンピックの新型コロナウイルス対策として開発が進む外国人観戦客向け健康管理アプリ(上の写真)で質問がありました。

外国からの80万人の観戦客、40万人の選手団及び関係者向けのアプリだそうです。質問者は『仕様書には、このアプリを入れれば外国人が入国後、14日間の待機もしなくて良いし、ワクチン接種もしなくても良いと書かれているが?』と聞いていました。しかし、それに対するはっきりした答弁はありませんでした。

「COCOA」の件も踏まえて考えたら、『本当に大丈夫????』と思ったりします。

 

砂川出身プロデューサーの番組紹介

本日2本目の更新です。

砂川市出身で東京のテレビ番組制作会社のプロデューサーで活躍している「黒沼正弘さん」の最新番組を紹介します。

黒沼

放映は

2月21日(日)14:00~14:30 BS日テレにて放送

番組では黒沼さん自らが患者役として登場しているそうです。

いつも故郷砂川を気にしていてくれる砂川出身の方、たくさん居て色々なところで活躍されていると思います。

 

社会経済委員長の打合せ

今朝も除雪から始まりました。それにしてよく降る雪です。本日は2月の第3金曜日なので、いつもなら運動サロン「ニコニコ広場」の日ですが、私はお休み。

しかし、ストーブ点けと東コミセンの玄関前除雪をしなければなりません。東コミセンは運営費が厳しく、玄関前の除雪は何となく「事務局長」の仕事になりそうです。

という訳で、今朝は我が家と東コミセンの除雪を朝早くから行い市役所へ。

DSC_4139

ここは議会応接室です。ニコニコ広場のお休みの理由は社会経済委員長の所管4部長との打ち合わせが午前10時で、ばっちり重なったためです。

DSC_4138

社会経済委員会は22日(月)の午前10時から開催しますが、委員会の円滑な運営を行うため、どんな内容が報告されるか事前に聞きます。

市民部、保健福祉部、建設部、経済部の4部を30分ずつ行っても2時間びっしりです。たまに質問などしたらすぐ時間が経ってしまいます。今日も12時を過ぎました。

さて、私の委員長打ち合わせも、今期最後となりました。砂川市議会では常任委員会の委員の任期は2年間。3月議会で新しく委員の選任が行われますので、私が委員長を務める社会経済委員会は何か急な案件が出ない限り、今度の委員会が最後になります。私は4月から総務文教委員の予定です。

また、新庁舎も順調に建設が進み、5月の連休に引っ越しが出来そうなので、この慣れ親しんだ議会応接室とも、もうすぐお別れ。

新しい議場、委員会室、議員控室を早く見てみたいです。新庁舎になった6月議会からは本会議場と予算・決算特別委員会のインターネット・ライブ中継も始まるし、大きく変化する今期の後半ももうすぐです。

 

交流センター「ゆう」で手打ちそば

本日は比較的暖かく良い天気になりましたが、早朝除雪が行われず結構積もった除雪作業からの始まりでした。

いつもなら、「砂川手打ちそば愛好会」も総会後の懇親会で盛り上がっている頃ですが、今年はコロナ禍で中止。

本日は地域交流センター「ゆう」での例会でした。

DSC_4137

名人の打ち立て、茹でたての手打ちそばをいただきました。初めて食べた「けんちん蕎麦」、美味しかった!!

地域交流センター「ゆう」もほとんどイベントが行われていませんので、久し振りに行きました。

DSC_4134

交流ゾーンはイルミネーションで飾られて、「砂川市民文化祭ミニ写真展」が開催中でした。

また、以前は喫煙コーナーだった場所も「藤の間」になっていました。

DSC_4133

鬼滅の刃からのイメージだそうです。『心を燃やして コロナを燃やせ』。

今回のイルミネーションは「コロナ禍 元気回復事業」と名付けられています。お近くにお越しの際はご覧ください。