「おぐろ弘 市議会だより 第102号」をお読みください。

9月11日に終わった9月議会ですが、終了後欠かさず作っている「おぐろ弘 市議会だより」がちょっと遅れて完成しました。

ぼちぼちと街回りを始めていきます。アナログの方法でも継続は力なりと思って続けます。

これまでもHPに書いてきた内容も多いですが「おぐろ弘 市議会だより 第102号」をお読みください。

 

おぐろ弘市議会だより「第102号」(令和2年9月)

9月定例議会は7日から11日までの5日間開催されました。一般質問をおこなった議員は4名でいつもより少なかったです。傍聴された方は一般質問が行われた8日が5名、9日2名、11日1名。第7期総合計画の質疑も2名と全体的に活気の無い議会でした。

第7期総合計画の審議

令和3年から令和12年までの10年間、砂川市の「まちづくり」の最上位計画になる「第7期総合計画」の議会審議が始まりました。

10年後の将来人口を15,000人(今年8月現在、16,583人)とし、まちづくりの基本理念は「まちづくりの主役は市民」の考えを継承すると提案されました。

残念ながら総括質疑は私を含めて2名でしたが、私は質疑の中で

  • 計画策定に際し、市民の声が十分反映されたのか
  • 市民がまちづくりの主役であり続けるための具体的な考え方
  • 将来人口15,000人を目指すための具体的な取組みは
  • 小・中学校適正配置計画が及ぼす住宅地域への影響
  • 商業地について、今後10年間で空き店舗の増加、高齢化や後継者不足による閉店・廃業が予想される厳しい状況の中で賑わいを高める施策について

などなど、多岐にわたり質問しました。

これからの砂川市は人口減少と超高齢社会の到来により、農業、商業、工業など基幹産業の厳しい現実が予想されます。また、町内会をはじめ商店会やボランティア団体なども高齢化による担い手不足により今までの活動ができるのかも不安なところです。

私の総括質疑に対して善岡市長の答弁は全く無く、砂川市の未来を本当に考えているのか疑問を感じます。

議会は10月に4日間の日程で「第7期総合計画審査特別委員会」を開催しますが、しっかり質問をしていきたいと思います。

「9月議会で決まったこと」

★「小・中学校GIGAスクール情報端末購入」・・・5,980万円

児童・生徒一人に1台のタブレットを購入する契約が行われました。小学校605台、中学校370台とネットワーク・周辺機器の購入です。

★「新型コロナウイルス感染症対応従事者慰労金支給事業」・・・2億4,690万円

国の第2次補正予算を受け北海道が砂川市立病院の従事者に支給する事業です。本年、1月28日から6月30日の間、10日間以上勤務した医師、看護師、職員のほか、病院の委託事業者の職員や病院ボランティアの皆さんに一律20万円が支給されます。

「私の一般質問より」

【市立病院の総合診療科について】

今年4月に「総合診療科」が設置されました。この科は腹痛や咳、吐き気など複数の症状があり、どの診療科に受診したらよいか分からない状態の方を診療します。

総合診療科に着任された木村眞司副院長は札医大地域医療総合医学講座の助手から2005年に赤字で苦しむ松前町立病院の院長に41歳の若さで就任され、「総合診療(全科診療)」を導入し、黒字病院へと転換させた実績があります。

私は『総合診療科の設置により、今後の市立病院は在宅医療を含む地域医療の充実に繋げられるか?』と質問し、『経験豊富な医師が赴任したことにより外来診療の充実と在宅医療の質向上に取り組んでいます』と答弁がありました。

医療の充実により砂川市に住む私達がより安心して暮らせるようになると良いですね。

【市立病院の発熱トリアージ(選別)について】

市立病院は入口を正面玄関1ヶ所にして「発熱トリアージ(選別)」を行っていますが、最近は「発熱・息苦しさ・強いだるさ等の症状確認」などの問診によるトリアージに変更しています。

症状を訴えられた方は職員と共に外を通って救急外来(時間外玄関とも言います)に入ります。待合室で看護師による腋での体温測定と詳しい問診を受けた後、内科系の医師が輪番で診療を行っているそうです。

市立病院は発熱トリアージを行うことで、発熱等の症状がある方とない方の受診動線を区分けすることにより、受診患者さんや職員が、発熱等の症状がある方と接触する機会が減るため、院内感染の防止及び不安解消に役立つと今後も続けていく方針です。

コロナ危機を乗り越えるためにみんなで協力し合いましょう!

【コロナ禍の移住・定住の促進について】

内閣府が調査を行った結果、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、首都圏に住む若い世代を中心に地方移住への関心が大幅に高くなったそうです。

砂川市はインターネットを利用してリモート移住相談を行うと答えました。私は砂川市の職員採用に社会人枠を取り入れたり市立病院職員の採用を広げることで、優秀な若い人材に移住・定住してもらえれば、人口維持につながると話しました。

私の一言

先日、砂川市役所庁舎にダイナマイトを投げ込むという強迫メールが届きました。議会開催中でもありましたが、警察とも連携し職員が監視を強化しながら通常の業務を行いました。あまり過剰な反応をすれば、同じような「いたずら」が広がる可能性もあり適切な対応だったと思います。

その現庁舎での定例会も12月と来年3月議会の2回を残すところとなりました。約25年、何百回と質疑・質問してきた本会議場ですが、新庁舎に移っても私は変わりません。新庁舎ではライブ中継でもお会いできそうです。

 

敬老のお祝い

朝はとてもきれいに晴れていた日曜日ですが途中で雨も降りだす変わった天気でした。

晴見町内会では敬老の日(21日)を前にして、砂川市の高齢者4情報(住所、氏名、年齢、性別)の名簿を参考にして、70歳以上の町内会員に記念品を贈呈する事業を行っています。

DSC_3548

今年は「いよだ」さんのお菓子のセット。晴見町内会の対象者は80名で、65歳以上のいわゆる高齢者は103名います。一戸建ての多い町内会ですので高齢化率は50%を超えようとしています。

今日、一日で渡せるかと思いきや、70歳に近いお宅でさすがの4連休、お留守が多かったです。

お会いできた皆さんとはお話ができました。皆さん、歳相応でいろいろ調子の悪いところがあったりしますが、お元気で過ごしておられます。

もちろん私も対象者で自分で自分に渡した記念品、美味しくいただいています。

 

ニコニコ広場の日

本日は朝から雨が降っていました。9月の第3金曜日で運動サロン「ニコニコ広場」の日でした。

DSC_3538

何故か、第3金曜日と議会の委員会などと重なる時が多くて、久し振りの参加でした。

近所の三町内会の皆さんを対象に行っていますが、参加者がだんだん少なくなって今は10名になりました。

本日も皆さんマスクをしながら、それぞれの距離を保って40分ほどでしたが、いきいき運動推進員のボランティアさんの指導で体を動かしました。

大先輩が多い中、皆さんお元気で体の柔軟さも私より優れた方が多いです。

さて、明日から4連休の方も多いと思います。私はまだ完成していない「おぐろ弘市議会だより」の作成や9月議会の音声データ、町内会の敬老の日に向けた作業などで過ごすことになりそうです。

 

9月議会の「音声データ」を公開

今日の砂川は意外と蒸し暑く、晴れたり雨が降ったりと忙しい天気です。そういえば変わりやすいのは「● ●心」と「秋の空」。

本日は議会事務局に議会が出す「市議会だより」の一般質問の原稿を書くための音声データと一回目の答弁(紙媒体)を貰いに行きました。

DSC_3465

これが私のUSBメモリーです。ここにあまり聞きたくない私の一般質問の音声データが入っています。これを聞きながら、答弁書を読みながら、原稿を書きます。

ちなみにUSBメモリーについているお地蔵さんはずーと以前に議員視察で長野県佐久市に行った時に買った「ぴんころ地蔵」。ピンピンコロリを願って付けています。

〈9月議会の「音声データ」〉

音声

最近の議会事務局は仕事が早くて、すでに砂川市議会のHPに9月議会の本会議場でのやり取りの「音声データ」がUPされています。

自分では「第7期総合計画基本構想について」の総括質疑の音声データをダウンロードはしたのですがもうちょっと落ち着いてから聞こうと思っています。

一般質問も合わせて音声データをお聞きください。

 

すながわプレミアム商品券

9月15日号の「広報 すながわ」に折り込まれてきました。

2763_0001

A3版のおおきなチラシです。毎年、販売される砂川商工会議所発行の「プレミアム商品券」がいよいよ販売間近になりました。

上乗せ分を砂川市が補助する事業です。3月の当初予算では400万円で上乗せ分は20%。その後新型コロナウイルス感染症の拡大により、自粛要請や緊急事態宣言発出などで人の流れが激減し、商業振興の各種施策が出されました。

砂川市も多くの振興策を出してきましたが、プレミアム商品券の上乗せもその一つ。6月議会では200万円を増額しプレミアム率を30%へ。

そして、7月31日の臨時議会では国の地方創生臨時交付金を活用し、4,542万円を計上しプレミアム率を50%、市内全世帯が買えるよう発行数も1万セットに大幅増としました。

チラシの通りで1セット10,000円で15,000円分の買い物ができる商品券が1世帯2セット購入できます。

販売日は10月1日から10月30日までの間ですからまだ時間があります。しかも、平日は商工会議所でも買えますので慌てることはありません。

こんなチャンスは二度とないかもしれません。皆さん、ゆっくり急いで買いましょう!

 

9月議会が終わって

9月議会は9月7日から11日までの5日間開催されました。

IMG-1_0

私にとっては見慣れた砂川市の本会議場です。議員になって102回目の定例会が終わりました。意外と知られていないのですが、3月、6月、9月、12月に議会が開かれます。それ以外に緊急の議案が提出された場合は臨時議会も開かれます。

PIC0000DF

傍聴席の一番上から本会議場を見るとこんな感じです。市章の真下は議長の席。手前は議員席で対面して市長をはじめ理事者が座る席です。

砂川市議会の場合、最初の質疑、質問、答弁は議長席のすぐ下の「演台」で発言します。その後は理事者は自席で、議員は議員席側の質問台で行います。

私にとって見慣れた、質疑、質問を何百回としたこの本会議場での定例会もあと2回。12月議会と来年の3月議会を残すところとなりました。

3月末には新庁舎が完成し、ゴールデンウィークの間に引っ越しの予定と聞いています。つまり、来年の6月議会は新しくできた本会議場での初議会となります。

〈9月議会を振り返って〉

今回の定例会は第7期総合計画や決算の認定議案があって5日間の日程をとりましたが、一般質問も4名、総合計画の総括質疑は2名、決算については1名と質疑・質問をする議員が少なかったです。

また、傍聴された方も7日0人、8日5人(一般質問の日)、9日2人(総合計画の総括質疑の日)、10日0人、11日1人の合計8人でこちらも少なめで、全体的に少し元気の無い議会でした。

来週には「音声データ」の配信も行われますので、またお知らせします。新庁舎になると本会議場の様子はインターネットによるライブ配信が行われる予定になっています。

ところで、お隣の歌志内市の市長選ですが、これまで候補者が3名でしたが、川野議長が出馬を取り止め、柴田氏と永関氏の一騎打ちになるようと今朝の道新に小さく掲載されていました。

 

貼り絵と新入社員研修会

本日で9月議会が終わりました。今日は本会議の日程が終了後、「第7期総合計画審査特別委員会」と「決算審査特別委員会」が開催されました。

第7期総合計画審査特別委員会では、正副委員長を決めた後、総合計画の基本計画の提案説明が70分ほど続き、10月9日、12日、13日、14日の4日間の日程を決めました。

決算審査特別委員会は10月1日、2日の2日間の日程を決めました。10月は定例会以上に審議する機会が多いです。常任委員会も開かれますので忙しいです。

〈一戸玲子の貼り絵展〉

今日も議会は早めに終わったので地域交流センター「ゆう」で行われていた貼り絵を見てきました。

最近はテレビ、新聞等で何度も紹介されていますし、9日付けの道新にも大きく報じられていましたので記事をお借りします。

2762_0001

実物を見ると、これが体の不自由な方がつくったのか。と思うほど、本当に緻密な作品の数々でした。

DSC_3457

ちぎった色紙は一辺1.5cmほどで、それを貼り重ねているのですが、近づいて見ないと分かりません。

DSC_3459

これでも細かい作業は伝わりませんネ~。

DSC_3464

作業の工程も一戸さんご自身から伺いましたが、もともと、陶芸などの手作りが好きだったと話されていましたが、元気な私が何やってるんだろうと思うほどの力作揃いでした。

「一戸玲子の貼り絵展」は明日までですが、是非、ご覧ください。

〈新人社員基礎徹底マスター研修〉

DSC_3462

こちらは本日、午後1次30分から開催された「新人社員基礎徹底マスター研修」の様子です。交流センター「ゆう」のミニホールでおこなわれましたが゛、主催は商工労働観光課企業労政係。

対象は新入社員と入社5年以内の若手社員でした。講師は中小企業診断士でビジネス・コア・コンサルティング代表の中村篤彦さんでした。

募集受付け後、早めに定員に達し締め切られたそうですが、今回初めての研修で、参加者の皆さんは真剣に聞かれていました。

 

市立病院の「発熱トリアージ」について

本日の議会は令和元年度の一般会計等決算の認定に関する提案説明が行われました。総括質疑を含め午前中で終了しています。

折角、議会が早く終わったので、私が一般質問をした「発熱トリアージ」で症状があると訴えられた方々が次にどうするのかの流れを見てきました。

正面玄関前のテントで「発熱トリアージ」が行われていますが、そこで「溌熱・息苦しさ・強いだるさ等の症状」を訴えられた方は職員と共に外を通って救急外来(時間外玄関とも言います)に入ります。

DSC_3448

ここまでは外から見られるのですが、今日、見てきたのは中です。

DSC_3450 (2)

時間外玄関に行かれた皆さんも多いと思いますが、一応説明します。時間外玄関の外扉を開けると警備の人が居て、その先が救急外来です。

DSC_3451

私も行ったことはあるのですが、救急外来の待合室はご覧のようにビニールで仕切られていて新型コロナウイルス感染症への対応がとられています。、最大17名しか座れません。

DSC_3454 (2)

上の写真左側が診察室になるのですが、まず待合室に入られた方は看護師による腋での体温測定と詳しい問診を受けます。

その後は内科系の医師が輪番で診療をおこなっているそうです。

5月18日に発熱トリアージを開始以降8月31日までに、延べで1,310名の方がトリアージされ、こちらで受診されているそうですが、もちろん新型コロナウイルス感染症の方はいません。

市立病院は発熱トリアージを行うことで、発熱等の症状がある方とない方の受診動線を区分けすることにより、受診患者並びに職員が、発熱等の症状がある方と接触する機会が減るため、院内感染の防止及び不安解消に役立つと今後も続けていく方針です。

発熱トリアージを行う病院職員も大変な仕事だと思います。

また、来院する皆さんには、立体駐車場から直接院内に入れなかったり、発熱トリアージで時間を取られたりご不便を感じられることも多いと思いますが、新型コロナウイルスが終息するまでは徹底した感染防止が必要ですので、ご協力をお願い致します。

また、朝方は特に混雑する場合があるそうで、受付開始の午前8時15分より前に並ばれることがないようお願いいたします。

コロナ危機を乗り越えるためにみんなで協力し合いましょう!!

 

議会報告と市役所への爆破予告

昨日(8日)は一般質問が終わっていましたが、HPをUPする時間がありませんでした。また、改めて報告します。

本日の議会は「第7期総合計画」の提案説明と総括質疑が行われましたが、私と辻議員のみの質疑となりました。

今後10年間の最上位計画に対する総括的な質疑が2名だけだったことは今までにもなかったのではと思います。

もう一つ、ビックリなのは「総括質疑」であるのに善岡市長が一度も答弁に立たなかったことです。私の総括質疑が市長が出るほどの内容じゃないと言われれば、そうだったのかもしれませんが、非常に残念でした。

私の総括質疑の内容は項目だけですが、私のHP「第7総合計画 総括質疑」をご覧ください。

議員は質疑をする時、いろいろな調査をしてから議会に臨みます。特に、今後の砂川市の10年間に及ぶ「まちづくり」の根幹になるような「総合計画」であればなおの事です。

私も今日の総括質疑に向けて何日も何時間も頭の中を一杯にして、調査、再質疑、再々質疑の内容を検討してきました。

総括質疑は3回の質疑と答弁を含めて2時間の持ち時間で行うのがルール。2回目の質疑でも市長の答弁は得られず、3回目の質疑に入りましたが、3回目の質疑で答弁されても言われっぱなしで終わらざる得ないので、さらに市長の答弁を求めずに終わりました。

善岡市長にとっては市長になってから初めての総合計画の策定です。是非とも議場で、市長が思う10年先の「すながわ」を聞きたかったです。

〈市役所庁舎を爆破する予告メール〉

2761_0001

上の記事は本日(9日)付のプレス空知に掲載されたものです。砂川市役所や開催中の砂川市議会はこのような脅しに屈することなく通常業務を行いました。

DSC_3444

しかし、万が一のことも考え犯行予告時刻の前後、職員が交替で監視に立ちました。

DSC_3447

また、滝川警察署(砂川警察署が統合されたので、こう呼びしかありませんが)もパトカーや覆面パトカーなどで市役所周辺をパトロールしてくれ、午後4時30分現在、何事もなく職員の監視体制も解かれました。

迷惑千万なこのような悪戯犯は早急に逮捕をお願いしたいものです。監視をしながらも過剰な反応をしなかった砂川市の対応は良かったと思います。

9月議会は明日、明後日と続きます。