中・北空知廃棄物処理広域連合の議会

本日は午前11時から滝川市議会本会議場で「中・北空知廃棄物処理広域連合」の議会が開かれました。

この広域連合は5市9町の可燃ごみを焼却する施設「エネクリーン」の管理運営する広域連合です。

DSC_2648~2

写真は歌志内市にある焼却施設「エネクリーン」です。平成25年4月1日から供用開始されています。

今日の広域連合議会は令和2年度の一般会計予算がメインの議題でした。

一般会計予算は歳入歳出7億6,888万3千円で、主な支出は焼却施設の運営管理費の6億2,659万2千円。

5市9町の負担金(令和2年度予算)は以下の表です。単位は千円。

DSC_2647~2

砂川市で年間1億1,871万2千円と読みます。砂川市の可燃ごみの焼却処理に1億円以上が必要だということですネ。

その前にごみを集めて、分別して、この焼却施設に搬入する経費も必要です。何をするにもお金はかかります。

本日、提案された議案は全会一致ですべて可決されました。

 

セミナー・ワークショップ&成果報告会

本日は午後4時から地域交流センター「ゆう」で、チーム”SUNAGAWA”ブランディングプロジェクト(砂川市地域ブランド構築事業)が行われました。

DSC_2635

日中の出づらい時間設定ですが、毎回、砂川の活性化のために集まっておられます。

セミナーは株式会社バトンの林 義仁(はやし よしひと)代表が「高齢社会における人材活躍支援~参加型人材づくりと多様性ある組織づくり~」と題して講演されました。

IMG_1842

高齢化社会が進み、人材不足の問題が深刻化していく中で、どのようにして活躍できる人材を支援していくか、また人材を育成する組織をつくっていくかを熱く語られました。

IMG_1844 DSC_2638

ワークショップでは2月12日~14日に千葉県幕張メッセで開催された「スーパーマーケットトレードショー」に出展したブースを今後どのように充実・活用するかが話し合われ、いろいろなアイデアが出ています。

IMG_1849 DSC_2637 (2)

今年度の成果も報告され、今後、新たなる商品開発、地域ブランドによる域内外での販売会・展示会等への積極的な出展など、次年度に向けた事業計画も発表されました。

今後、益々の砂川ブランドの充実を期待したいと思います。

 

市民の声だより No9

年に一回発行しています「砂川市議会 市民の声だより」を本日(16日)の朝刊各紙に折り込みました。現在、砂川市議会「市民の声」は私一人で構成していますが、発行には政務活動費を有効に活用させていただいています。

砂川市民の皆さんには紙媒体で読んでいただきますが、こちらにもUPします。

正月明けからいろいろと考えながら原稿を作り、印刷屋さんとも何回も打合せしながらやっと出来ました。

まずは一面です。

市民の声No9一面

画面が小さいのでpdfでご覧ください。

続いて二面です。

市民の声No9二面

こちらもpdfにリンクしますのでご覧ください。

プレス空知の折り込みは19日付けに予定しています。早速、読んだよ!とのお声掛けもいただきありがとうございます。

皆さんからも読後の感想などいただければ幸いです。

 

砂川サービスエリアのトイレ改修

道央自動車道の最北のサービスエリア「砂川サービスエリア」のトイレが改修されたと聞いて行ってみました。

しばらく仮設トイレだったので利用者はとても不便を感じていたと思われますが、すっかりキレイになっています。

DSC_2603 DSC_2604

 

上り線、下り線とも見てきましたが、もちろん同じ仕様でとても使いやすくなっていました。さすがに残念ながら「女性トイレ」は入れず、道新の記事を借用します。

DSC_2620

さて、男性トイレですが、驚きの変容です。

DSC_2607 DSC_2606

男性トイレも利用される方々が多くてシャッターチャンスが難しかった。トイレでカメラを構えていたら何だか怪しい人物に思われそう。

DSC_2608

多目的トイレはもちろんですが、私が凄いと思ったのが上の写真。広々とした「ファミリートイレ」です。

私も孫たちとトイレに行く時、こんなトイレがあったら助かるナァーと思っていたのがこれ。

NEXCO東日本では、砂川SAから砂川ハイウェイオアシス館や家族連れが多く利用する「道立子どもの国」に直接行かれることを考慮して、家族で一緒に入れるトイレを設置したそうです。

ありがたいことです。砂川SAからはスマートインターを通って砂川市街にも降りられますので、是非、砂川市内にもお越しいただきたいです。

 

バレンタインデー

本日も砂川は気温が高めで、朝はツルツル、日中はグチャグチャの道路でした。

今日がバレンタインデーとも知らずにいました。毎年、妻や娘からチョコレートを貰いますが、他の女性から義理チョコを貰うのは久し振りなのでついついUPしてしまいました。

DSC_2621

しかも日本酒風味たっぷりの大信州酒造の「Hanasora 」チョコレートです。箱もお洒落で美味しかったです。

その勢いで、本日の昼食は上砂川町の手打ちそば屋さんに行きました。

DSC_2623

以前から行ってみたいと思いながらもなかなか行けずでしたが、チョコをいただいた勢いで行ってきました。

「勝寿庵」は上砂川町に向かう道々沿いで砂川市を出て少し走った右側です。のぼりがたくさん立っているので分かりやすくなりました。

DSC_2622

私が頼んだのは「おろしそば(800円)」(エビの天ぷらは別注)。さすが手打ちそば歴25年を超える髙橋さんの十割そばは美味しかったです。

しかも量もたっぷりです。お昼時だからでしょうか結構混んでいて少し待ちましたが満足でした。

この勝寿庵、手打ちそばとミニ豚丼のセットが人気のようです。少食の私にはおそばの量からしてちょっと無理ですが、若い人達には人気の訳が分かります。

「勝寿庵」は月、火曜日が定休日。営業時間は午前11時から午後2時までです。

本日は美味しい更新でした。

 

春のような天気です。

本日は春のような天気です。我が家のなかなか自力では落ちない小屋の屋根の雪も落ちるほど。このような時は落雪による事故に気を付けましょう。

DSC_2617

お昼前の日陰にある温度計ですが、+7℃。2月の半ばでこの気温は珍しいです。

DSC_2615

国道12号線もまさに春のような風情で車は泥で汚れ、道路わきの雪も真っ黒です。

このような眺めは、例年ですと3月議会が終わって「おぐろ弘市議会だより」を配っている頃によく見られます。そう考えると一ヵ月は早いですか。

しかし、天気予報によれば、今日のような暖かな気温も長続きはせず、「もうすぐ春」は気が早いようです。

 

やっと直りました!

私のパソコンが金曜日に壊れてからHPの更新ができませんでした。本日、PCが直って、やっと更新ができるようになりました。

これからもご覧ください。

<砂川警察庁舎の姿が>

DSC_2600 (2)

ご近所の方はすでにご覧になられているでしょうが、4月から業務が始まる「砂川警察庁舎」の姿が見えてきました。

なかなかスタイリッシュな外観です。コンビニの駐車場から写しましたので中途半端な姿ですが、平屋建てなので想像ができます。

DSC_2592 (2)

上の写真は慈恵会病院側から見た建物の後ろ側です。

只今、内装工事の真っただ中のようで、その内、全貌が見られるようになることでしょう。

 

砂川高校でワークショップ

今日の砂川は寒かったです。朝から玄関のチャイムが鳴りました。ご近所さんの車のエンジンがかからないとのヘルプが出るほど。バッテリーのケーブルを繋いでOKでした。

本日、午後1時25分から砂川高校の一年生の授業で、ワークショップ形式の講演会が行われるとのお知らせを「砂高だより」で読みました。

IMG_1813 IMG_1812

行って来ました砂川高校。5、6校時を体育館での講演会です。講師は札幌国際大学観光部の河本光弘教授で、演題は「地域の活性化を目指して~中空知の宝を探す~」。

河本先生から観光資源には自然観光資源(景観、気象など)と人文・社会観光資源(歴史、人、食・グルメなど)があり、地元の資源を紙に書くようにとお話がありました。

6校時目は観光資源を16班に分かれて「かるた」づくりのワークショップです。

DSC_2590

これ、なかなか難しそうでしたが、各班頑張って書き上げるところが立派です。短い時間でしたが、最後は各班が前に出て発表しました。

ごく一部を紹介します。

IMG_1829 (2) IMG_1832 (2)

続いて

IMG_1830 (2)

IMG_1831 (2)

ちょっと見づらいですが力作ぞろいでした。

私が気に入ったのは「にんたい(忍耐)と 覚悟が必要 この寒さ」。今日みたいな「この寒さ」を観光資源にするくらいの気持ちが必要なのかも。

最後の最後に河本先生から「大したことないご褒美(先生が言っていました)」は横山校長先生の推しの一作『さくらがきれいな北光公園』に贈られました。

講演会の締めくくりに河本先生は『地域を愛し、地域を語れる人になって下さい』と生徒達に話されましたが、大人にも大切なことですネ。

 

新すながわ農協の「めりぴりか」大賞受賞!

1月28日の道新に新すながわ農協の「ゆめぴりか」が日経トレンディ―の企画「第6回米のヒット甲子園」で大賞をとったとの内容が掲載されていました。

DSC_2587~2

「第6回米のヒット甲子園」を検索しました。

米のヒット甲子園

便利な世の中になったものです。パソコンでどんな情報も入れられます。

新すながわ農協の「ゆめぴりか(特栽米)」は艶やか、甘さが際立っていて、モチモチ感が抜群に良いと評価。審査委員は『これぞ日本のお米という感じがする』とのコメントが多く出されたそうです。

北海道のお米の評価が高くなったのは、そんなに昔ではありません。しかも、本州のブランド米と競い合って「大賞」をとったのですから凄いです。

ふるさと納税ゆめぴりか

上の写真は砂川市の「ふるさと納税」のサイトです。素早く大賞受賞の「ゆめぴりか」が返礼品として登場していました。

全国の皆さん!砂川市の「ふるさと納税」をよろしくお願いします。

 

空知管内観光入込客数

空知総合振興局は令和元年度上期(4月~9月)の空知管内観光入込客数(速報値)を発表しました。

砂川市は今回も第1位となり、前年同期比8.6%増の「1,134,400人」でした。

中空知観光客

上の表は空知総合振興局のHPから引用しましたが、トップ3はここしばらく変わりません。

〈空知管内における訪日外国人宿泊者数調査結果〉

令和元年度上期の空知管内における訪日外国人宿泊者数(実数)は、17,686人となり、前年同期の29,802人から、12,116人(▲40.7%)の減少となったそうで、かなりの減少となった理由は日韓関係の悪化が原因なのでしょうか。

外国人1外国人2

訪日外国人の宿泊者数は空知管内全体でも、それほど多いとは思えませんが、そのほとんどが夕張市なのが分かります。

訪日外国人がどこの国からが多いのかは以下の表です。

外国人4外国人5

中国からの宿泊客は前年同期と比べると増加していますが、その他の国々は減少。特に台湾、韓国は半分以下になっているのは驚きです。その理由は何なのでしょう。

北海道全体の外国人宿泊客は増えているのだと思いますが、空知管内は通過の地域なのでしょうか。