市道東一線の通行止め

本日の砂川はとても良い天気でした。まさに秋晴れっていう感じです。街回りの途中で大規模道路工事の現場を見て来ました。

市道東一線という道路です。国道12号線を通らず滝川に抜けられる道路として通行量が多いです。ところが、以前からクランクや道路幅が狭かったり通行しづらい箇所がありました。

まさにその部分を橋の架け替えと共に改良する工事の真っ最中。

DSC_1875

北海灌漑溝の側でパンケ歌志内川に架かる橋の架け替え工事現場です。

DSC_1877 DSC_18761

車は完全に通行止めですが、歩行者と自転車は人道橋も架かって通行可能となっていました。

東1線通行止め

市のHPに掲載されている「交通規制図」を見ると車両の通行止めは令和3年3月下旬までで、ちょうど工期は市役所新庁舎が完成する時です。

すでに規制図右端のクランクは解消されS字の道路は完成しています。大きな工事なので不便ではありますが、完成後を楽しみに待つことに致しましょう。

 

国保特定健康診査に行って来ました

今日は雨。私は午前9時から10時の受付けで国保特定健診に行って来ました。

DSC_18811 (2) DSC_18871 (2)

会場である「ふれあいセンター」についたのは午前9時20分頃、15番目でした。

まず①で受付をします。②は問診、③身長・体重・血圧の測定、④採血、⑤眼底検査、⑥腹囲と心電図、⑦診察で、私は終了。胃、肺、大腸のがん検診を受ける人は⑨で待ちます。

私は前立腺のがん検診は受けましたが血液検査なので早い方ですが、終了まで1時間近くはかかります。でも、時間は少々かかっても自分の体調を知ることは大切なので毎年受けています。

少し、特定健診のことを調べてみました。

保険者が社会保険診療報酬支払基金に報告した平成29年度の特定健康診査等の実績報告データによりますと、市町村国保の受診率は全国平均で「37.2%」。

北海道の平均は「28.1%」です。それでは砂川市ですが、砂川市の保健活動(平成30年度)によりますと平成29年度は「50.3%」と報告されています。凄いです!!

この結果は、保健師さん達を中心とする関係機関の常日頃の努力と何よりも砂川市民の皆さんの意識の高さから生まれるものだと思います。

本日、待っている間の会話です。ある男性は『実は忙しくて、昨日だったのを忘れて、止めようかと思ったんだけど、うるさく(イイ意味ですヨ!)言われたので今日来た』と言われていました。

DSC_1889

上の写真は「すながわ健康ポイントカード」にスタンプを押してもらいました。10ポイント貯まると砂川商店会連合会商品券(1000円分)などが貰えるのですが、私は無理そう。

でも、スタンプ押してもらうと何故か嬉しかったです。健診の結果は11月になってからですが、何もないと良いです。

 

紅葉とアサガオ

「おぐろ弘 市議会だより 第98号」を持って街を回っています。本日も割と気温が高めで長袖のワイシャツ一枚でも汗ばむ天気。

議員になってから定例議会が終わると、その報告としてB4版一枚の市議会だよりを作り続け、配り続けて来ましたが「第98号」になりました。

DSC_18712

市街地でも紅葉が始まりました。例年より紅が綺麗なように感じます。

DSC_1870

上の写真は我が家の隣りにある小さな店舗の前のアサガオです。気温が高めなためか今を盛りと咲いています。

今年は、春に岩見沢のイベントで貰った岩見沢農業高校の生徒達が育てたアサガオで、ずい分楽しめました。

貰ったアサガオは店舗前に植えたり、鉢で育てたりしました。

DSC_15231 IMG_1367 (2)

特に鉢に植えたアサガオ。最初に花が咲いたのが8月11日。それから毎日10~15咲き続け、佳境に入って終わりかかったのが9月10日頃。何と1ヵ月は咲き続けたので一株で300以上は咲いたことになります。

自分ではビックリして「アサガオ日記」を書きましたが、これが普通かも・・・。とにかく、こんなに毎日目を楽しまさせてくれたのは初めてだったので報告してしまいました。

 

こんな物もらいました。

本日は天気も良く暖かい一日でしたが、「おぐろ弘 市議会だより」は配ることができませんでした。

そこで、9月28日に公民館で開催された「いってみよう!やってみよう!」の話題を。

IMG_1478

たくさんあったコーナーの一つで、ふれあいセンターがやっていた(?)ブースだと思いますが、変わったトイレットペーパーをいただきました。

DSC_18691

上の写真ですが、手前のブルーの紙は包み紙。上のトイレットペーパーはずーっと印刷されていそうです。

私は何年か前にちょっと辛かった大腸内視鏡検査をして異常なしでホッとしました。最近では大腸がんになる人がかなり多くなっているようで、「健康すながわ21」によりますと砂川市の死亡要因で、女性では大腸がんが増加し最も多くなっているようです。

私は何となく、上のトイレットペーパーは気になって使いづらいですが、啓発には良く出来た逸品です。

 

決算審査特別委員会

本日、午前10時から平成30年度一般会計、国民健康保険特別会計、下水道事業特別会計、介護保険特別会計、後期高齢者医療特別会計、病院事業会計の決算を認定するかどうかを審議する「決算審査特別委員会」が開かれました。

DSC_1875

私たち議員は本会議など公の集まりがある時は登庁表示板(議会事務局前にある)のスイッチをONします。本日は全議員が出席でした。

DSC_1879

本日の委員長は北谷議員。右側は議員席で、左側は市長をはじめとする答弁側です。特別委員会では主な答弁は所管の課長が行います。

13人の議員対50人弱の部課長という構図です。

私も一般会計と病院事業会計で質疑を行いました。結果、平成30年度の諸会計の決算は全会一致で認定されました。

 

駅周辺再開発(世田谷区下北沢駅)

いよいよ9月も今日一日、明日からは消費税が10%になります。明日は「決算審査特別委員会」が午前10時から開会。市役所のクールビズも今日まで。明日の委員会はネクタイで出席です。

24日から27日まで東京に行って来ました。父母の法事がメインですが、いろいろな所を見て来ました。24日は遅めの飛行機で行ったのでホテルまでは通勤ラッシュに遭遇。えらい目にあいました。

〈小田急線下北沢駅の再開発〉(日経電子版にリンクしています)

私が育ったのは世田谷区代沢という所で、下北沢駅までは実家から歩いて15分ほどです。よく遊びに行った駅です。

DSC_1789 DSC_17921

左の写真は小田急線下北沢駅です。すっかり変わって驚きでした。かつては小田急線と道路が平面交差していてこの周辺は踏切を渡るのに苦労していましたが、戦後すぐに出来た闇市っぽい一角やゴチャゴチャとした商店街が面白かった思い出もあります。今は線路が地下に潜って世田谷区を中心に再開発が計画されています。

DSC_1798

上の写真は新宿方面を撮っていますが、ここに複線の線路がありました。細長いですが、広大な空き地ができたということですね。

DSC_1794

これは駅前の一等地にある案内所です。看板の意味を聞こうとしましたが留守でした。入りづらそうですが何か言っています。

DSC_1796 DSC_1801

下北沢駅は小田急線と井の頭線(京王)が乗り入れています。一日当たりの乗降客数は小田急が約11万8千人、京王は約11万4千人だそうで、桁が違います。

砂川市でも駅前地区の賑わい創出について意見交換・ワークショップが始まりました。市のHPには『砂川市では、駅前地区(旧永大ビル周辺)に賑わいを創出することを目指し、「あなたが駅前地区に求める賑わいは何ですか、賑わいをつくるにはどのようなもの(施設・設備等)があればよいと思いますか。」』 と問い掛けています。

活発な議論を期待します。

 

第19回 浦臼産ぼたんそば 新そば収穫祭

昨日、今日と浦臼町鶴沼公園で行われた「第19回 浦臼産ぼたんそば 新そば収穫祭」に出店する「砂川手打ちそば愛好会」の手伝いに、私は本日だけ行って来ました。

DSC_18741

昨日は良い天気で、愛好会をお手伝いした方から、陽射しが強く日焼けしたので気を付けてとアドバイスを受けて行きました。

上の写真は会場に着いた午前8時過ぎの様子です。道内から12の手打ちそばの会が出店しています。

イベントは午前10時からの開始ですが、相当前からお客さんが来て、予定より早めて開会されました。

DSC_18711

本日は天気予報で「晴れ」でしたが、何と肌寒い上に午前11時頃から雨が降り出し、次第に強くなってきました。これでは日焼けどころではありません。

しかし、まあ!蕎麦好きの方の多いこと。雨が降る中ですが、客足は絶えません。雨に当たりながらお蕎麦を食べる姿もたくさん。

この雨も午後1時ごろには止んで、陽射しも出てきました。外のイベントなので仕方がないのですが、あまりにも変わりやすい天気にビックリでした。

砂川手打ちそば愛好会は例年より好成績の浦臼産ぼたんそば 新そば収穫祭でした。

 

町内会の「りんご狩り」などなど

昨日、東京から帰宅。父母の墓参りと共に都会の空気を久し振りに吸って来ました。今日の砂川は風も無く、よく晴れた一日でイベント日和です。

〈晴見町内会のりんご狩り〉

DSC_1864

青空の下、晴見町内会は「りんご狩り」。歩いて20分ほどの三谷果樹園に毎年徒歩で往復します。本日はあまり参加者が多くなく、津軽をたくさんゲットしたのですが、帰りは皆さん重たい荷物で大変だったことでしょう。

〈ソメス・ファクトリーフェスティバル〉

DSC_18671 (2)

㈱ソメスサドルは本社も砂川にある日本唯一の馬具メーカーでもあり、オシャレなバッグで有名な会社です。これまで「馬の日」と言っていたイベントは「フォクトリーフェスティバル」と名前を変えて開催中。

IMG_1469 IMG_1474

ショールームでのセールと共に引き馬や馬車体験、手縫い革小物製作体験、ドッグランなどなど多彩な企画で楽しめるイベントです。

ソメスのファクトリーフェスティバルは明日も開催しています。

〈いってみよう!やってみよう!〉

公民館では社会教育委員の会議が主催する「いってみよう!やってみよう!」が公民館全館を使って行われました。毎年、子ども達に大人気のイベントです。

IMG_1477 IMG_1479

IMG_1483 IMG_1485

IMG_1484 IMG_1490

いってみよう!やってみよう!は午後1時から午後3時50分まででしたが、いろいろな体験ができるのが人気の秘訣でしょうか。

気温も高かったせいもあって、館内は熱気がムンムンでした。

 

おぐろ 弘市議会だより「98号」(令和元年9月)

9月定例議会は9日から11日までの3日間開催されました。一般質問をおこなった議員は6名で、今議会の傍聴者数は合計15名。一般質問が行われた10日が8名、11日が2名でした。6月議会は合計傍聴者数31名でしたので、だいぶ少なかったです。

「私の総括質疑より」

平成30年度一般会計決算に対して「総括質疑」をおこないました。この質疑は決算の内容について大きな観点から聞くことができる質問です。

いろいろ聞いたのですが、ここで書くのは「子育て支援」についてです。善岡市長は『砂川市の子育て支援は充実していて年間7千万円も予算を組んでいる』と話します。しかし、それが皆さんに十分伝わっているでしょうか?

★「病児・病後児保育に要する経費」… 1,111万7千円

DSC_17061

病児・病後児保育は生後6ヵ月から小学校3年生までの保育所、市立病院内保育所、幼稚園、学童保育所に通う500名以上の子ども達が対象です。しかし、登録をしないと預ける事ができません。現在、登録者数は15.5%の82名。経費が約1,100万円、1年間で利用した子供は延べ人数で148名なので1名当たり約7.5万円かかっていることになります。

この事業が知られていないのか利用しづらいのか、しっかり検証しなければならないと思います。

★「子育て支援・指定ごみ袋の配布事業」… 132万5千円

DSC_1688

20㍑の燃やせるごみ袋を3歳未満の子ども1人につき、年間120枚配布する事業ですが、砂川市は申請をして市役所窓口に取りに行きます。

この事業を私が最初に提案したのは千歳市のやり方を聞いたからでした。千歳市は左の写真の箱に「子育て応援ガイド」と共にごみ袋を対象世帯に送っています。

二つの例をあげましたが、私は折角、実施している「子育て支援事業」であるので、受ける側に立った砂川市であってほしいと思います。ちなみに先日、傍聴した教育委員会のある会議で『平成30年度で市内に住所がある新生児は77名』と報告されていました。

「私の一般質問より」

【砂川市立病院のあり方について】

市立病院の広報誌「ひまわり2019夏号」に次のように書かれています。

「砂川市立病院は、地域センター病院・救急指定病院に指定されており、中空知圏外からも救急患者が搬送されています」「医師数を増やすことが困難である以上、当院では外来患者数を減らすしか方法がない、という結論に至りました」

今後の市立病院のあり方に不安を感じて次の3点を質問しました。

  • 医師不足による医師の過重労働について
  • 外来患者を減らさなければならない現状について
  • 中空知の医療体制が崩壊しないための方策について

〈外来患者を減らさなければならない現状について〉

DSC_17011 (3)

(問)各診療科で外来患者を減らさなければならないのか。

()特に内科、循環器内科、整形外科などは一日平均患者数が100人を超えているので、医師の負担を軽減させたい。

(問)外来患者を減らすにはどうしようと考えているのか。

()今回は初診料の値上げは考えていない。急性期を脱した方や軽い症状の方などは「かかりつけ医」で受診していただき、手術が必要な方、がんの治療、精密な検査が必要な方などを当院で診ていく方針である。

(問)市内には「かかりつけ医」の数も診療科も少ないが、市外の「かかりつけ医」を受診しなければならないのか。

()「かかりつけ医」に逆紹介する場合、中空知医療圏外の方、「かかりつけ医」が多くいる地域の方にご協力をお願いしたい。砂川市内の方は、市内に診療科がある場合は逆紹介もあり得るが、市内に診療科が無い場合は『よその街に行ってください』とはならない。

(問)外来患者減少は経営を悪化させることにならないのか。

(答)定期的な検査や精密な検査の実施、重症な患者などを診ていくことから、診療単価が上がることになり、収益の減少は抑えられると考えている。

私からの一言

今議会の一般会計補正予算は、消費税増税に関連する「プレミアム商品券事業」や「幼児教育・保育の無償化」についてが主で、市長の政策的な予算はほとんどありませんでした。議員の一般質問も13名中6名で盛り上がりに欠ける定例会でした。私は欠かしたことはありませんが、もっと質問、質疑が活発になると良いなと思っています。

今年も11月1日(金)に「議会懇談会」を地域交流センターゆうで午後と夜に開催する予定です。是非、皆さんお誘い合わせのうえ、ご参加ください。

 

さっぽろ創世スクエア 2

今日は、さっぽろ創世スクエアの「札幌市図書・情報館」です。

DSC_16931

上の写真の右側の部分ですが、こちらも非常に参考になりました。

2019-09-12-13-35-00 DSC_16961

こんな場所があったら一日中過ごせそう。札幌でも、私の年齢前後の方々がたくさん来られていました。

座席の予約システムもあって、詳しくは「札幌市図書・情報館のHP」にリンクします。

人口規模が全然違う札幌市や江別市ですが、施設規模も小さくしてイイとこ取りって手もあるかもです。