北海灌漑溝のサクラ

今日も砂川は良い天気に恵まれています。住宅街のそれぞれのお宅でも家庭菜園の準備が行われる時期となっています。

昨日の夕方、久し振りに我が家の近所を流れる北海灌漑溝の両側にある散策路を歩きました。

市内のほとんどの所ではサクラは終わったと思っていましたが、何と満開です。

DSC_6332

5月1日から通水が始まった北海灌漑溝は空知平野の稲作を支える用水路です。以前に「日本一長い用水路」と聞いたことがありましたが、ちょっとネット検索をしてみると農水省のお墨付きは無いようです。

灌漑溝

しかし、空知川の水を引き、赤平から10市町を経て南幌町まで約80kmが整備されています。

灌漑溝の水の流れは早く、落ちたら大変です。たまに鹿が落ちて地元のニュースになることもありますが、子ども達には特に気を付けて貰いたいですネ。

さて、この北海灌漑溝は1924年から工事が始まり、4年4ヵ月かけて、現在とほぼ同じ距離の大幹線が完成とのこと。

さらに、地域の農業を支えてきたことや土木技術の蓄積など歴史的にも重要な施設であることが認められ、2004年に北海道遺産、06年に疎水百選に選ばれています。

灌漑溝のサクラから「北海灌漑溝のお話し」になってしまいました。お後がよろしいようで・・・。

 

市内感染者は減少

本日もカラッと晴れました。

明日付の「プレス空知」が届きました。新聞のコピペはダメですが、これぐらいならよいでしょうか。

DSC_6331

来年4月の市長選、市議選まで1年を切った今、良い特集が。「統一地方選まで1年、管内首長に聞く」と題して、まずは滝川市の前田市長です。

記事によりますと、来年4月の首長選があるのは滝川市、砂川市、赤平市、新十津川町、雨竜町だそうで、次号は砂川市の善岡市長でしょうか。

〈砂川市の感染者数は減少〉

北海道が公表する市町村別の「一週間累計新型コロナウイルス感染症の患者数」が下の表です。

コロナ感染者5月7日

表は空知管内の患者数です。砂川市は減少しています。毎回、公表されるのは3週間分なので、前に作ったグラフに追加します。

コロナ感染者グラフ

まだ、感染者がゼロだった1月3日からですが、このまま減少して行ってくれると良いのですが。心配なのが連休後の今週です。

 

田んぼに水が入りました。

本日は朝から良い天気。最高気温は16.6℃ですが、気持ち良い一日でした。

市内の北光地区を車で走っていると田んぼに水が入りました。田植え前のこの景色は素晴らしいと思います。まさに日本の原風景って感じ。

DSC_6325

下の写真は石山側ですが、石山も春の紅葉。

田んぼ

田植えまではもう少しだそうです。農家の方に教えてもらったのは田植えのタイミング。

DSC_6324

すごく分かりやすいですよネ。苗がタバコの箱の高さまで育ったら田植えだそうなので、もう少しです。

いつまでも残したいこの風景。

田んぼと夕日

明日も天気かな。

 

4月の社会経済委員会の報告 その2

いよいよ、ゴールデンウィークの最終日。朝は雨、午後から雲って夕方は晴れの日曜日でした。

我が家のサクランボの花が咲き始めました。

サクランボの花

【社会経済委員会の報告 その2】

4月22日に開かれた「社会経済委員会」の報告の続きです。

〈建設部〉

★ハートフル住まいる推進事業について、砂川市では住宅建設、中古住宅購入、住まいのリフォームなどに補助金を出して推進を図っています。

ハーフル住まいる(令和3年度)

令和3年度の合計が上の表です。住宅の新築は34件でしたが、市内業者は14件、市外業者が20件でした。

全体を通して対象工事費は11億8,274万円になりました。補助金があるので、ここまでの工事費になったかは分かりませんが、動機付けになっていることは間違いなさそうです。

★市営住宅及び改良住宅の管理状況について、市内には1,200戸を超える公営住宅がありますが、人口減少からでしょうか空き家戸数が増えています。

北光団地で17%、宮川中央団地で14.9%、東町団地では29.3%の空き家率になっています。また、待機者の多いのは砂川駅に近い「三砂ふれあい団地(52戸)」で市内11名、市外6名の方々が入居を待っている状況です。

〈経済部〉

★まちなか集客施設SuBACoの移転について、旧グランドパチンコにあったSuBACoは建物が解体されますので、現在の観光協会事務所に移転しました。

★砂川観光協会の事務局について、4月から観光協会会長から商工労働観光課副審議官を事務局長に、観光係2名を事務局員として委嘱され、観光協会の事務局体制が変わっています。

★鳥獣被害対策について、熊の対策として4月28日までに忌避装置を設置しています。

★砂川駅前築整備実施設計委託の発注について、4月20日付けで㈱ドーコンと委託費2,288万円で随意契約を結んだそうです。

工期は4月21日から令和5年3月15日までで、議員が実施設計の完成品を見られるのは改選期を間近に控えた3月議会中になりそうです。

※どうしてこうなるんだろう・・・

4月に行われた社会経済委員会の報告を終わります。

 

よみがえる歌志内線

今日は歌志内市の郷土館「ゆめつむぎ」に行って来ました。いつもは骨董品がたくさん展示され連休の時だけ開館する「大正館」に行きましたが、今年もコロナ禍のため休館。

その向かいにある「ゆめつむぎ」で昭和63年4月24日(34年前)に廃線されたJR歌志内線(砂川⇔歌志内)。廃線直前に撮影された車窓映像が見られると聞いて行きました。

よみがえる歌志内線

テレビ前には座席も置いてあって10分間の試作版「よみがえる歌志内線」、面白かったです。

歌志内線は1891年(明治24年)に開通しました。もちろん石炭輸送のためです。

DSC_6308

歌志内線は最盛期には、国内4位の黒字路線として名を馳せていたそうです。

10分間の映像は歌志内駅を発車する砂川駅行きの車内放送も入って一緒に見た方はとても懐かしがっていました。

歌志内線には7つの駅があって、歌志内、歌神(かしん)、神威(かもい)、西歌、文珠(もんじゅ)、焼山、砂川です。

私の住む地域は以前「焼山」と呼ばれていました。あの知る人とぞ知る「焼山ブルースバンド」もそこから付けました(もう誰もしらないか・・・)。

前から何で「焼山」って名前が付いたのだろうと思っていたのが今日解決しました。『SLの火の粉で近くの山林がしばしば焼けたことで名付けられた』らしいです。

DSC_6317

上の写真は映像の最後、砂川駅に到着した時のものです。歌志内線は3番線ホーム(今も同じ階段)。

砂川市は砂川駅のバリアフリー化を推進するため、この3番線を廃止して東口を設置する要望をJRにしていますが、これも何かのご縁でしょうか。

さて、今の歌志内線の跡地はどうなっているかって言うと、砂川市の焼山駅から歌志内までサイクリングロードになっています。

DSC_6319

今日のサイクリングロードです。歌志内市では市民の寄贈による桜並木にしています。桜吹雪舞い散るサイクリングロードを気持ち良く散歩していると雨が降り出しました。雨は今も降り続いています。

歌志内市の「ゆめつむぎ」は入館無料。機会があったら行かれたらどうですか。

 

4月の社会経済委員会の報告

今日は暑いぐらいの気温です。いつもの観測データは。寒暖差が20度です。

R4.5.6

ちょっと遅い報告ですが、4月22日(金)に「社会経済委員会」が開催されています。

DSC_6238

私は総務文教委員なので、議会のパソコン室(写真)で音声データを毎回聞いています。私が選択をしてお知らせします。

〈保健福祉部〉

★学童保育所の登録状況について、市内には5ヵ所の学童保育所があります。北光以外は小学校の教室を利用し、空知太は公設民営ですが、後は市の直営です。

学童保育所

令和4年4月1日現在の登録状況です。昨年度より通年で20名、短期で1名増えています。

実は、あまり新聞報道などされていませんが、3月議会の条例改正で、これまで9,000円/月だった保育料が6,000円(おやつ代2,000円含む)に引き下げられました。

登録者数の増の要因が保育料の引き下げによるものかは現時点では分かっていないそうです。

★福祉灯油等助成事業の支給状況について、灯油価格の高騰に対する緊急対策として実施した事業です。一定の条件の世帯(非課税の高齢者世帯など)に7,000円の福祉灯油助成券か商品券を交付しました。

福祉灯油

不支給決定世帯とは世帯のなかでいずれかの方が課税者であった場合です。

また、以前にも福祉灯油券の交付事業は行われましたが、対象見込み世帯数に対する交付率は70%ほどでした。しかし、今回については何と「交付率95.7%」でした。

せっかく実施する事業ですから必要な方へ確実に届けようとする職員の地道な努力の結果だと思います。

★子育て世帯への臨時特別給付金の給付状況について、国が支給を決定した子育て世帯への給付金で、新型コロナウイルス感染症の影響を受けている子育て世帯の生活を支援するため、対象の子ども一人当たり10万円相当の給付を行う事業ですが、給付状況以下の通り。

子育て世帯への臨時特別給付金

★住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金の給付状況について、これも国の事業で、新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中で、様々な困難に直面した方が、速やかに生活・暮らしの支援を受けられるよう、住民税非課税世帯等へ1世帯あたり10万円を給付する事業。

住民税非課税世帯臨時特別給付金

まだ、確認書を提出されていない世帯があります。以前に同じくコロナ禍対策で国民一人当たり10万円を給付する事業がありましたが、砂川市の場合、辞退を申し出られた方が2名でした。

確認書が送られているのに忘れている方がいらっしゃるのでしょう。市としては広報すながわでの周知や再度の送付を予定しているとのことです。

今回はここまでにします。

 

こどもの日の子どもの国

連休後半、やっと青空が戻ってきました。気温も高くなりましたが、相変わらず風が強い。

コロナ禍前なら、この日は朝から道立子どもの国のフェスティバルに合わせて砂川手打ちそば愛好会の出店準備をしていました。今年もフェスティバルは中止です。

またまた、FBが5年前の今日を送ってきました。

5年前の子どもの国

手打ちそばの開店後にちょっと抜け出してフェスティバルの様子を撮ってFBにUPしたんですネ。

今日の様子を見てきました。

DSC_6292

午前11時ごろに行ったのですが、まだ駐車場に空きがありました。これまでは周辺道路にまで路上駐車されるほどの混雑振りでした。

DSC_6295

コロナ禍前、人気のキャラクターショーなどのイベントは不思議の森で開催されるためピラミッドに入る長い行列がありましたが、今日はこんな感じです。

DSC_6297

お店も出ていますが客足はもう一つ。しかし、池の鯉に餌をあげる姿、鯉のぼりを見上げる子どもを撮影するお母さん。いつもの5月の子どもの国なんです。

今年は行動の規制がない久し振りの連休ですが、天気が悪かったのと、やはりコロナ禍の影響はまだまだ大きいのだと思いました。

5年前のあの賑わい戻って来るのかナァー。きっと戻ってきますよネ。

 

近隣のサクラの名所巡り

今朝は嵐のような風雨。連休中は天気が悪いですネ。それでも午後からは曇り空になったので近隣に出掛けてみました。

まずはお隣の奈井江町の「にわ山公園」

にわ山公園

山頂付近はまだまだこれからって感じでした。とは言え明日からは気温も上昇とのことなので、満開はもうすぐかな。モンスターウルフは何やら喋り続けていました。

続いては美唄市の「東明公園」へ。

東明公園

ここは車で園内に入れるので便利なのですが、歩いていると車が邪魔。勝手なもんですが・・・。

明日までお祭りが開かれていて、お店が何軒か出ていました。

東明公園1

サクラに桜餅。塩味が効いて美味しかったです。

帰りは国道275号を回って浦臼神社のカタクリを見に。

カタクリ

見頃を過ぎたカタクリの花。また来年楽しみにしています。

 

レンタサイクル開始

連休だというのに今日は朝から雨が降っています。

昨日、市役所で砂川市史を買って、SuBACoに行きました。観光用電動自転車の貸し出しが始まっています。

DSC_6280

電動自転車が4台準備万端です。残念ながら、貸し出し中の写真は撮れなかったのですが、これからです。車は隣の市営買い物駐車場に停めて、スイートロードでお買い物。オアシスパークにもすぐです。

連休中に天気が回復してほしいですネ。

〈㈱シロの新工場建設地に行ってみた〉

新聞報道によりますと、化粧品製造販売のシロが市内豊沼に新工場を建設するための起工式が行われたそうです。

DSC_6278

場所はここ。旧向陽小学校の跡地です。昨日は起工式の会場づくりのためだったのか鉄板が敷いてありました。

シロの新工場は現在、同じ豊沼にある工場の4倍の生産能力になるそうで、今年12月の稼働を予定。従業員数は約100人で現状の60人増となると報じられています。

市内の雇用創出に大きく貢献していただくことになります。また、この工場は「みんなの工場」と名付けられ、付帯施設としてカフェやラウンジ、子どもの遊び場なども設けられ総事業費10数億円で、最終開業は来年の春とのこと。

これまでもいろいろと話題提供があった「みんなのすながわbySHIRO」が、本体施設の着工間近で期待が膨らみます。

砂川市史を購入しました。

朝はまずまずの天気だったのですが、午後からは雨が降ったり霰が混じったりの忙しい天気でした。

連休の間の平日、市役所に「砂川市史」を買いに行きました。行政的には「頒布(はんぷ)」と言うらしいのですが、代金と引き換えに書籍を渡すとあるので購入ですね。

砂川市史  砂川市史2

ハードケースに入った立派な物でした。一冊5,000円です。

ちょっと頒布方法に難ありかな。まず、エレベーターで3階31番窓口に行きます。そこで名前、住所、電話番号を書いて納入通知書を貰います。

次に私と一緒に職員が紙袋に入った砂川市史を持って、一階の会計課で名前と電話番号を書いて5,000円を支払いました。支払いの確認した職員が紙袋を渡してくれて購入完了です。

3階の窓口だけで何とかならないのでしょうかネ。

内容は今後ゆっくり読みたいと思いますが、平成編とあるように平成元年以降の砂川市の動きが書かれています。

私は平成7年4月の市議選で議員になりましたから、内容のほとんどは知っていますが、懐かしく思い出すこともたくさんです。皆さんも一冊いかがですか。

そう言えば、私は5番目の購入者でしたが、3階窓口で手続きをしていると懐かしい方が次の番でした。前議員の武田圭介さんと久し振りに会いました。元気そうでなによりです。

懐かしき砂川市史の購入時に懐かしい方と出会うとは。これも何かのご縁でしょう。