町内会清掃の日

晴見町内会では、5月~11月の第一日曜日に公園を中心に清掃活動を行っています。今日は5月の第一日曜日。今年初めての清掃でした。

DSC_6276

晴見公園の前にあるロータリーです。ここに毎年花を植えます。その準備も兼ねた整備。こうやって見るとロータリーのブロックもだいぶ古くなってきました。

DSC_6277

そして、こちらは公園の掃除です。この公園は町内の子ども達以外にも車で来る親子連れなど結構使われています。

砂場も人気なのでスコップで起こし始めたのはよいですが、この人数ではかなりの重労働。私も家から剣先スコップを持ってきて、手伝いました。

本日の参加者。女性5名、男性4名の高齢者のみ。『いつまでやれるかね~~』

清掃が終わってしばらくすると雨が降り出しました。折角の連休の日曜日なのに・・・

DSC_6266

上の写真は天気が良かった昨日、オープンしたばかりの「道立子どもの国」に散歩を兼ねて様子を見てきました。

親子連れも来ていて、連休向けに出店用のテント張の準備でした。折角なのに今日は雨。

子どもの国で散歩の途中のキャンプ場が下の写真。

DSC_6264

まだオープンしていないのか、誰ーれも居ません。滝川市の温泉横のキャンプ場にも行ってみました。

DSC_6268

肉を焼くイイ匂いがあちこちからしています。

DSC_6271

コテージ前にもテントがいっぱい。

時代の変化か・・・。すぐ横に温泉があるキャンプ場には勝てないか・・・。どの街も同じゃ無くてもイイか・・・。でも、なんか面白くない!

 

長沼町に行って来ました。

連休初日(29日)、天気も良いのでちょっと長沼町に行って来ました。長沼町は農業や手作り、飲食店などで若い人たちの移住が多くなっていると評判のまち。

でも、昼食は由仁町で

DSC_6246

畑のレストラン「ひら里」。広い畑の真ん中にポツンと建っています。

DSC_6244 (2) DSC_6245 (2)

食べたのは1500円のランチ。和風ハンバーグですが、左は前菜、右がメインのスープとハンバーグとライスです。畑のレストランと言うだけあって、野菜たっぷりでお腹いっぱいになりました。

食後はコーヒーですネ。

今度は長沼町アトリエ村の元陶芸家のお宅をリフォームしたカフェ「こかげ喫茶室」に行きました。なかなか雰囲気のあるお店。

DSC_6248

駐車場に車を停めると、中から若いご主人らしき方が『ただ今、満席ですので又のご来店を』と丁寧に話されました。ところがラッキーな事に、次のお店を検索している間に空きが出て入店できました。

中はゆったりと4ヵ所の席しかありません。まず案内されたのは6帖間のコタツのある和室でした。

DSC_6255

この一枚でどんなお店か想像できますよね。

DSC_6250

窓の外は小さな崖になっていて水芭蕉も見られます。

DSC_6253

若いご夫婦が経営されているこのお店、時間がゆったり流れる雰囲気。しかし、この連休中はお休みです。

『のんびり、ゆっくりと仕事したいので・・・』。お二人の暮らしの姿が出ているお店でした。

夕焼け

久し振りに外の風を味わった帰り道。ピンネはキレイな夕焼けでした。

 

砂川観光協会の理事会

本日は12時30分から砂川観光協会の理事会に行きました。私は現在、監事を引き受けています。

DSC_6241

本日は令和4年度の第1回理事会ですが、協議事項は令和4年度の定期総会に向けた議案書についてでした。

観光協会は平成10年6月に設立され、今年で24年になります。私は設立当時からの理事で長い間務めておりました。きっかけは当時、「巨大フリーマーケット」の実行委員長をしていたのでお誘いを受けたと思います。その時の理事長は商工会議所の山田昇会頭でした。

市議会議員の立場として、市からの補助金が多く入っている団体の理事を長くやっているのは、あまり好ましくはないと思い続けながらでしたが、砂川市の観光振興に役立てればとやってきました。

しかし、この度、観光協会の事務局を砂川市が担当することになり、いよいよ、議員としての質問・質疑がしづらくなると考え、役員を辞めることにしました。

実は、これからの観光協会は駅前地区整備事業で建設される新施設へ入居予定で、砂川商工会議所と共に、施設の管理・運営の中心となる団体です。

砂川観光協会がこれまで以上にパワーアップして砂川市の観光を盛り上げていただけることを願っています。

観光協会の総会は毎年5月に開催されていましたが、砂川市内の感染者数もなかなか少なくならない中、書面総会とする事が本日の理事会で決定しました。

私のHPでも観光協会の理事会の報告をするのが、これで最後になります。

これまで、いろいろお世話になりました。

 

総務文教委員会の報告 その3

本日は気温が低く、最高気温は12.1℃。それに風が強いので肌寒く感じます。

4月21日に開催された「総務文教委員会」の報告。本日は最終回の教育委員会です。

★学校職員辞令交付式について、新年度は24人の先生が新しく砂川に着任されました。

★令和4年度高校入学者の状況について

R4高校別入学者数

空知北学区の高校別入学状況が上の表です。砂川高校の場合、最終出願数は52名でしたので、最終的には10名増になりました。

北学区全体を見ると定員数より入学者数がだいぶ少ないです。広い地域であるので、入学者数の減少と道立高校を削減することとはイコールにはなりません。

(砂川高校の出身中学校の状況)

砂川高校に入学した62名の出身中学校別の状況は下の表。

R4砂川高校の出身別中学校

砂川市内の2校の中学校から砂川高校に進学する生徒が昨年より少なくなりました。滝川市から増えているのは滝川高校の1間口減の影響でしょうか。

(砂川中と石山中の受験状況)

R4中学校別高校入学状況1

市内中学校の卒業生119人が砂川高校に入学したのは19人。市内中学校から砂川高校への入学者率は15.9%となり過去最低の率になりました。

★新年度から新しく「学校再編課」ができましたが、 「中学校統合に向けた提言書(pdf)」の受理、「砂川市義務教育学校基本構想(pdf)」の策定について報告されました。

また、義務教育学校基本構想(案)についてパブリックコメントが行われ、その結果も報告されました。 『「砂川市義務教育学校基本構想(案)」にお寄せいただいたご意見と教育委員会の考え方(pdf)』にリンクしますので興味のある方はご覧ください。

これにて、総務文教委員会の報告は終わります。

 

砂川も桜が咲きました。

今日は良い天気です。最高気温は18.3℃。私のHPでは昨年の明日(27日)、看護専門学校前の「桜」の開花宣言をしていますので、そろそろかと思い行ってビックリ。

看護学校前さくら

開花宣言どころか満開に近い状態でした。

さくら

それでも、まだ咲ききらないピンクの蕾がかわいいです。

〈砂川市の電子申請をやってみました〉

砂川市では、一部の手続きについて、インターネットを通じて手続きができる電子申請(オンライン申請)サービスを開始しています。

いつも書類で提出する「地域コミュニティ活動支援事業補助金制度 交付申請」を電子申請してみることにしました。

電子申請

思ったより簡単で便利。送信後、すぐにメールが届きます。また、残念ながら全部を正確に打ち込めずに「係」から電話で連絡をさせる手間を掛けてしまいましたが、親切に対応してもらい無事できました。

市役所に行く手間は省け、手書きの苦労もなく、使ってみて便利さが実感できました。

今のところ電子申請ができるのは2種類ですが、だんだん増えることでしょう。皆さんも是非、一度やられてみたらいかがですか。

 

子どもの国に鯉のぼりが上がりました。

4月29日(金・祝日)が開園予定の「道立子どもの国」に100匹の鯉のぼりが上がりました。

IMG_2832

2000年から「NPO法人オアシス(理事長 林幸治さん)」の皆さんがボランティアで毎年行う定例の事業です。

今年は6枚の鯉のぼりに砂川天使幼稚園の園児たちが自分たちの思いを書いた鯉のぼりもあげられました。

IMG_2838

『じいちゃん、ばあちゃんがげんきでいてほしい』、『ころなになりませんように』などなど、子ども達の願いを込めた鯉のぼり、しっかり泳いでいます。

鯉のぼり2 鯉のぼり3

今年は早めに行って、鯉のぼりを上げる作業も見させていただきましたが、鯉のぼりとワイアーの間に「より戻し(確か・・・?)」という金具を入れるなど工夫が凝らされているそうです。

最後は市長も一緒に作業終了の記念撮影。ご苦労様でした。

まだ、コロナ禍が収まってはいませんが、気候も良く、ゴールデンウィークも近づいてきました。29日からピラミッドも開園するとのこと。

道立子どもの国周辺は楽しさがいっぱい!!楽しい砂川、遊びに来てください。

 

浦臼神社のカタクリも見頃に

今日は朝から良い天気になったので、浦臼町の鶴沼公園のそばにある浦臼神社のカタクリを見に行ってきました。

私は以前から鶴沼神社と思って、HPにも紹介していましたが、正式には浦臼神社のようです。

それにしても風が強い日でした。車のドアーを開けるのも一苦労するほど。

カタクリとエゾエンゴサク

カタクリとエゾエンゴサクが見頃を迎えていました。風がとても強かったので、シャッターチャンスを狙うのにちょっと苦労です。

こぶしの花も咲きました

北海道の木の花で一番先に咲くのがコブシです。千昌夫さんの「北国の春」にも出てくるあれ。

本日は日曜日で浦臼神社にも長い望遠レンズを持ったカメラマンが多かったです。女性もけっこう多くて驚きました。

身を挺して撮る

なかには地面に身を挺して撮影している方もいて迫力ありました。

ゴールデンウィークの後半ではちょっと遅いかもしれないかも・・・。

 

総務文教委員会の報告 その2

昨晩はかなり強い雨が降っていたので、本日予定の晴見町内会「廃品回収」を心配していましたが、朝はカラッと晴れ。

しかし、廃品回収が終わるころには黒い雲が、そして雨が降り出しました。

DSC_6205

晴見町内会の廃品回収は4月~12月までの偶数月に一回行っています。4月は昨年の12月以来なので、毎年資源ごみの量が一番多い月です。雨に当たらず回収できて良かったです。

〈総務文教委員会の報告 その2〉

今日の報告は市立病院にします。

★医師の異動について、砂川市立病院は医師の異動が多いですが、特に4月は多くなります。4月1日現在の医師数。常勤医師89名、会計年度任用職員2名、臨床研修医15名で合計106名となります。

★医師マンション、看護師宿舎の入居停止について、築39年が経過した両施設は傷みもひどく、対応が迫られていました。

DSC_6186

上は看護師宿舎。写真の右端に写っているのが市立病院ですから近くて便利な場所にあります。遠目で見るとまだまだ使えそうですが、水漏れやエレベーターの部品交換ができないなど限界に来ているようです。

DSC_6187

そして、こちらが医師マンション。近くに寄ると、相当ひどいです。

この二つの施設を民間の力を活用して再利用することが報告されました。建物の解体を含めプロポーザルを実施し、有効活用の道を探ります。

★経営収支状況について、令和4年3月現在で収益約149億2,727万円で1億8,786万1,389円の剰余金が出ています。

★入院・外来患者数について、入院患者数は昨年同月と比較して16.5人/日の増。外来患者数は同じく38.6人/日の増でした。

年度の末ですから報告します。入院患者数の合計は130,315人で、外来患者数の合計は232,318人でした。

合計で362,633人の患者さんが来院されたことになります。医療が核の街です。

 

春爛漫で総務文教委員会の報告

今日も暖かな一日。ところが、私の住む晴見町内は少し小高い丘にありますので風が強いんです。

さて、市内のあるお宅から花の便りをいただき早速行って来ました。春爛漫です。

水芭蕉1

水芭蕉が咲きました。

DSC_6201 (2)

続いてはカタクリです。春の陽射しを一杯浴びて咲いています。

白いカタクリ

そして、あまり見られない白いカタクリ。エゾエンゴサクや福寿草と一緒に咲いています。良い季節になってきました。

〈総務文教委員会の報告〉

4月21日に開催された総務文教委員会の報告をぼちぼち行っていきます。

(総務部)

★砂川市史完成について、30年振りの砂川市史「平成編」が販売されます。850ページの大作のようで5月1日から市役所3階総務課31番窓口で一部5,000。

★行政手続き1,252の内1,133については押印がいらなくなりました。「押印を不要とした手続・書類一覧(pdf)」にリンクしますが、見ると面白いですヨ。

★「砂川市地域防災計画及び水防計画」の修正、「砂川市国民保護計画」の変更が報告されました。それぞれにリンクを張りましたので、一度、ご覧になることをお薦めします。

★「砂川市まち・ひと・しごと創生総合戦略」が計画変更されました。こちらもリンクします。

★地域再生法に基づく「地域再生計画(企業版ふるさと納税)pdf」が3月31日付けで認定されました。

2960_0001

企業版ふるさと納税は個人でのふるさと納税とは違って、返礼品はなく、本社が砂川市外にある企業が対象企業になります。

砂川市も認定されたので、これから寄附を求めるPRができるようになりましたので、担当には頑張ってほしいと思います。

砂川市のHPにも「企業版ふるさと納税」が掲載されていますのでリンクします。

総務文教委員会の今日の報告はここまでです。

 

砂川手打ちそば愛好会の「例会」

本日は午前10時から「総務文教委員会」が開催されました。

委員会終了後、役所で用事を済ませ帰る時の温度計です。

DSC_6185

なぜかピンボケでしたが、+20.3℃。風も暖かい砂川でした。

総務文教委員会の報告は明日からゆっくりいたします。

〈砂川手打ちそば愛好会の「例会」〉

DSC_6193

砂川手打ちそば愛好会は毎月一回、地域交流センター「ゆう」の食品工房を使って手打ち蕎麦の技術を高めるための例会を行っています。

私は自分の家で食べる分だけしか打たないので、そば打ちの技術向上に参加はしませんが、本日は『春の香りのフキノトウの天ぷらそば』が食べられるとのお知らせが入りまして、行って来ました。

DSC_6196

有段者の打ち立て、茹でたて、揚げたての手打ち蕎麦は最高でした。フキノトウと行者ニンニクの天ぷらそばをお替りまでして、春をたっぷり味わってきました。

今年はコロナ禍が収まって、「ゆう」で予定している「そば祭り」が開催され、この美味しいお蕎麦を皆さんに提供できることを願っています。