砂川市議会の行方は・・・

変なタイトルをつけました。変なのは今朝の天気もです。

DSC_4319

朝起きて外を見てビックリ。上の写真のように積雪です。どうせ解ける雪なら降らなければよいのに!って思いません。

さて、変なタイトルに戻ります。昨日の私のFBにこんな写真が送られてきました。

Screenmemo_2021-04-14-18-11-44 (2)

2年前の昨日、一週間の選挙戦が始まったのです。もちろん、これは私がFBにUPしたものですが、あれから2年です。

今期の砂川市議会は何となく落ち着きません。めったに起こらないことが起こるのです。

昨年、7月10日にはこの選挙で初当選した永関博紀氏が歌志内の市長選挙に立候補すると言って市議会議員を辞職しました。

そして、本日の道新の全道版に小さな記事ですが、以下が掲載されていました。

2850_0001

この件は一昨年(2019年)5月に砂川市選挙管理委員会に当選無効の申し立てがあって以来、いよいよ、最終結論が5月13日に出されるようです。

もしかすると新庁舎に移って、新しい本会議場の最初の審議は6月定例議会だと思っていましたが、その前の「臨時議会」かもしれません。

 

砂川に日本一のキャンプ場!

久し振りに明るいニュース。今回も同じパターンで申し訳ありませんが、14日付の「プレス空知」の記事を紹介します。

2848_0001

FB_IMG_1618302686293

スキャナーで記事を取り込むと写真がイマイチになってしまいます。そこでプレス空知のFBからお借りした市内のゴルフ場だった「旧空知カントリークラブ」の写真付きです。

今はコロナ禍でもあり、「一人キャンプ」などキャンプ場が人気だそうです。ところが、砂川市内のキャンプ場としては「道立子どもの国」にあるだけです。

本当は景色の良い「オアシスパーク」にキャンプ場やコテージがあったら良いと思って、これまで何回か議会で要望もしてきたのですが、なかなか実現していません。

記事にあるような「日本一のキャンプ場」ができたら最高ですよネ。

実はゴルフをやらない私ですが、北海道に来たばかりの時、ゴルフ好きの義父に連れられてクラブを持たずに「空知カントリクラブ」のコースを回ったことがあります。

ゴルフボールも追わずに起伏の激しい山坂を歩くのは、さすがに義父に気を使ってのこととは言え苦行みたいなものでした。

私にはあまり良い思い出がないですが、プレスの記事によると、自然豊かな山の起伏を活かして、日本一の滑り台構想もあるとのこと。

いろいろなアイデアで集客UP。帰りには美味しいスイートロードのお菓子をお土産に。

キャンプ場は年内にも工事が着工されると書かれていますので期待いっぱいです。

臨時議会でした。

午前10時から現庁舎の本会議場で最後(多分?)の臨時議会が終わりました。

DSC_4315

この角度の新庁舎は初めてです。4階部分は本会議場、委員会室、議員控室など「議会棟」になります。議会の総務文教委員会は4月23日(金)に視察を行います。

その後、4月25日(日)の午前10時から午後3時までの間、「新庁舎完成見学会」が行われます。

〈臨時議会の報告〉

(子育て世帯生活支援特別給付金支給事業について)

国の施策として新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中、低所得のひとり親及びふたり親世帯に対し、生活支援として児童一人当たり5万円を支給する事業です。

対象者は

  1. 令和3年3月末までの児童扶養手当の受給対象の方。
  2. ひとり親で公的年金を受給しているため児童扶養手当を受給していないが、前々年の所得が同手当の支給制限限度額を下回る方。
  3. ひとり親で一定の所得があるため、児童扶養手当を受給していないが、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、令和2年2月以降の所得が同手当の支給制限限度額を下回る方。
  4. ふたり親で住民税非課税の子育て世帯の児童。

全体で250世帯、対象児童数は400人を見込んでいます。

「1」の世帯は申請が不要で、児童扶養手当の支給日である5月に給付金が振り込まれます。

さらに詳細な点は、砂川市のHPや「広報すながわ」でお知らせすることになります。

(財産の取得について)

砂川市土地開発公社の所有する道央工業団地内の土地42,141㎡を3億6,470万8千円(7年間の債務負担行為)で取得する議案について、私は質疑しています。

砂川市は平成19年度から経営状況が厳しい土地開発公社の土地を毎年6,000万円ずつ買っています。私は、工業団地で大きな区画は最後だと思って質疑をしましたが、答弁では『まだ、ある』ようです。(後日、確認したいと思っています)

これまで多額の購入を砂川市が行ってきましたが、令和元年度の借入残高は10億円を超えています。そこで、この財産取得をするに当たって砂川市は土地開発公社をどのようにしようと考えているのか聞きました。

総務部長は、今回の土地取得によって、民間金融機関からの借入れは全額返済となり、その後は砂川市からの借入金7億1千万円への返済に努力してもらう趣旨の答弁をしました。

企業誘致を目指して、工業団地の第3セクターによる土地造成が全国で行われ、どの自治体も負の遺産を抱えています。

砂川市は「第3セクター等改革推進債」を借りずに、一般会計から6千万円/年ずつの土地を取得する手段を選びました。

やっと、民間金融機関からの借入残高がゼロになる目安がついてきたって感じです。

 

明日は臨時議会

明日は午前10時から臨時議会が招集されていますので、議会運営委員になっている私は午前9時30分から開かれる議運に出席します。

議場

上の写真は現在の砂川市議会・本会議場ですが、連休明けの5月6日からは新庁舎に移るので、この本会議場で審議するのはいよいよ最後でしょうか。

明日の審議内容は

1.令和3年度砂川市一般会計補正予算

歳入歳出に2,123万6千円を追加します。内容は民生費の「子育て世帯生活支援特別給付金支給事業」です。

事業名をインターネットで検索すると

子育て世帯給付金

大枠は分かりますが、ネットには詳細についてはまだ未定と書かれています。明日の議会ではっきり提案説明がされると思いますし、詳しいことは質疑もできますので、後日、報告をします。

2.砂川市税条例等の一部を改正する条例の制定について

こちらは国の「地方税法」の一部が改正されたことに伴った市税条例の改正です。

3.財産の取得について

土地開発公社用地を取得するため、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定により、議会の議決を求めるものです。

※第3条は「法第96条第1項第8号の規定により議会の議決に付さなければならない財産の取得又は処分は、予定価格2,000万円以上の不動産又は動産の買入れ若しくは売払い(土地については、1件5,000平方メートル以上のものに係るものに限る。)とする。」

内容は道央工業団地内の土地42,141㎡を3億6,470万8千円で購入します。

議会終了後にまた、報告します。

 

子どもの国とハイウェイオアシス館

今日の砂川は本当に暖かく、風も無いので外を歩くのに最高でした。

久し振りに「道立子どもの国」の様子を見てきました。

DSC_4306

毎年、開園は大型連休の前です。今シーズンはとても雪が多かったので、まだまだ雪が残っているだろうと思っていましたが、意外と解け方も早いようです。

DSC_4308

開園前なので、入口周辺を歩いてみたのですが、今日の天気に誘われて親子連れが散歩をする姿もチラホラと見られました。とっても気持ちが良かったです。

DSC_4313

そして砂川ハイウェイオアシス館です。春の飾り付けで華やいだ雰囲気です。人出もまずまず、北菓楼にはソーシャルディスタンスを守りながらの行列も。

DSC_4314

入口にはサーマルカメラとアルコール消毒液。そして、皆さんしっかりマスクをしてらっしゃいます。

これが当たり前の眺めになりました。と、普通に書こうとする自分にハッとして。

 

新庁舎「お悔やみ窓口」は空知管内で初導入

本日はポカポカと暖かく、外にいても眠たくなるような陽気でした。

10日付の「プレス空知」に砂川市役所新庁舎の開庁とともに設置される「おくやみ窓口」のことが掲載されていましたので紹介します。

2846_0001

新聞はモノクロ写真ですが、プレス空知のFBにカラー写真が掲載されていましたのでお借りしちゃいました。

FB_IMG_1617960754466

新庁舎の窓口の様子が分かります。まだ、カウンターは付いていませんが、机やロッカーらしい物が見えます。また、窓口の表示も大きく分かりやすくなりました。

さて、「おくやみ窓口」の件ですが、その内容については、これまでの議会答弁でもはっきり分かりませんでした。

ただ、今回の人事異動でお悔やみ窓口の専任職員が配置されたようで、これまでから比べたら相当、ご遺族の方々には負担の軽減になるのだろうと思います。

プレスの記事によりますと、「おくやみハンドブック」なるものが現在、作成中だそうで、これを見ると全体がはっきりしそうです。

また、新庁舎にできる「おくやみ窓口」は空知管内で初導入ということで注目されそうです。この窓口導入によって、他の窓口も市民の皆さんから喜ばれる「新生窓口」になるとイイですネ。

 

コロナ禍の中小企業対策事業について

紙媒体の「おぐろ弘 市議会だより 第104号」を持って街を回っています。特に商店街を回った時のお話しです。

3月議会において、平成2年度の一般会計補正予算で、国からの「地方創生臨時交付金事業」を活用した中小企業振興対策費の内、「経営持続化支援給付金」についての件です。

コロナ経済支援

数は限られていますが、私が訪問した事業所さんで、この事業を活用できたと言われた方がいませんでした。

折角の予算、「3,080万円」の事業を活用してもらおうと『どうでした?』とお尋ねすると、『あれは使えない』とか『うちは適用にならなかった』。もっとキツイ言われ方も・・・

自分で考える活用に難しい点は、事業収入額の比較で、コロナ禍で影響を受けた事業所さんは令和2年度に支給された国、道、市の給付金等を事業収入に入れることも条件の一つなので、活用できない原因なのかもと思ったりしています。

この事業は3月9日から始まっていますので、ちょうど一ヵ月が経過しました。受付は7月31日までですから、これから申請する方もいらっしゃると思いますが、もう少し時間が経ったら実態の把握をしなければと思っています。

 

住宅取得の補助金盛ん

今朝は雪が降って寒い!赤平に用事があって歌志内経由で行ったのですが、途中吹雪いて慌てました。私の車はすでに夏タイヤでして、道路に積雪とまではならなかったので無事でした。

数日前の新聞折込みで新十津川町、妹背牛町の住宅取得補助金を知らせるチラシが入っていました。

2844_0001 2845_0001

 

妹背牛町のチラシが砂川まで折込みされるのは初めてかな。確かに移住を促すのであれば町内ではなく他市町に折り込んだ方が効果的ですネ。

〈砂川市も新しいメニューがあります!〉

砂川市も移住定住政策には力を入れております(「住まいの補助金」にリンク)。そして、令和3年度当初予算には新しいメニューが加わりました。

医療介護従事者移住定住

それが上の写真です。「医療介護従事者移住定住促進補助金」で、砂川市内には大きな市立病院や介護事業所等がたくさんあります。

しかし、残念ながら市内に住宅を持たられていない方々も多く、他市町からの通勤となっています。そこで登場した新メニューです。

こちらの補助金は、現在、市内の賃貸住宅などに住む方が新築、中古住宅を購入された場合も該当します。

この補助金はこれまでの「住まいの補助金」にプラスされます。移住してもらって人口を増やすのがメインではありますが、砂川市から外に逃がさないのも目的のひとつ。

砂川市内にお勤めの「医療介護従事者」の皆さん!ご利用のほど、よろしくお願い致します。

 

臨時議会の招集

本日も天気は良いのですが、イマイチ寒い。天気は良いので文句は言わないでおこう。

臨時議会が4月13日(火)午前10時に招集されました。臨時議会の場合、議会運営委員会は午前9時30分から開かれます。

DSC_4302

上の写真は招集状と共に配布された議案です。

内容は

  1. 令和3年度砂川市一般会計補正予算
  2. 砂川市税条例等の一部を改正する条例の制定について
  3. 財産の取得について
  4. 砂川市固定資産評価員の選任につき同意を求めることについて
  5. 専決処分の承認を求めることについて

です。詳しくは後日、報告します。

〈市内のイベント中止が相次いでいます〉

緑と花の祭典中止

例年、5月中旬に北光公園で春一番の大きなイベントとして人気の「緑と花の祭典」の中止が決まっています。

続いて、6月27日(日)に開催を予定していた「第34回アメニティ・タウンすながわマラソン大会」についても、新型コロナウイルス感染症の収束の目途が依然つかない状況であることから、参加者及び関係者の安全面等を考慮し、開催が中止となりました。

昨年の今頃、2年連続で中止になるとは夢にも思わなかったですが、残念です。

 

交通安全に気を付けましょう!

今日の砂川は雲一つない青空でしたが、寒いです。

砂川市内では明日が小学校の入学式。町内にも新しい交通安全の旗を立てました。

DSC_4299

朝方の作業でしたが、風が冷たかったです。街回りの途中で大きなランドセルを背負って歩く子を何人か見かけました。後ろからは少し離れてお母さんらしき人の姿が。学校に行く練習をしているのでしょう。

まだまだ続くコロナ禍です。馴れない学校生活にマスクでお友達の顔もよく見えないし、不安が一杯の新入生でしょう。

いつも5月の中旬は、少し通学にも自信を持った1年生に『おはようございます!行ってらっしゃい!!』と声を掛ける「あいさつ運動」の強調週間の時期です。

昨年はコロナ禍の中で中止になりました。今年はどうなるのでしょうか。

また、本日から「春の交通安全運動」が始まりました。子ども達の通学も始まります。事故のないようお互いに気を付けましょう。